アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、52歳の初老ガンマニア。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
QRコード
QRCODE

2012年06月15日

マルイ電動UZIについて その10 カスタム形態10

貴重な休日を一秒たりとも無駄にするまいと、
秘密のカスタム計画に黙々と取り組んでおりましたところ、
学校から帰って来た次男がひと言。

「・・・休みの日も銃をいじってるんだね」

生暖かい視線が心地よい昼下がりではありました(笑)

と、アットホームな(?)話題はさておき、
マルイ電動UZI用の自作木製ストック。
今回はその完成までをご覧いただきましょう。



アルミアングル材から強引に作った結合金具に、
木スト本体とネジ止めするための穴開け加工を施します。



このあたりも、過去記事の
「マルシン電動UZIについて その59 ストック編再び4」とほとんど同じ作業なので、
くどくど説明するのは控えさせていただきますね。



そして、スプレーブラッセンにて黒染めした 
結合金具を木スト本体にネジ止めしたのが、
下の画像の状態です。







葉隠マッチ前日に慌てて作業を行ったため、
取り付け位置はガタガタになるわ、
ストック先端の貼り合わせ部分が割れてしまうわ、
見るも無残な形になってしまいました(涙)

まぁ、後日しっかり修正しておきますけどね。

そしてUZI本体との結合方法は・・って、
もう説明しなくてもわかりますよね。







元々のメタルストック基部が
少しばかり上にはみ出しているのが
ちょっと情けないところですが、
木製ストックの美しいアウトラインを再現するためには、
これは諦めざるを得ない部分なんですね(涙)

また、この基部の厚みを変更出来ないため、
木スト本体も厚ぼったくなってしまったのですが・・・



全力で目をつぶるしかありませんやね(汗)

さて、バットプレートの方はどうなったかと言いますと。





こちらも適当な固定方法が定まらず、
ひとまず黒染めしたM4の木ネジで仮止めした状態です。

こちらの画像だと、
ABS板の細切りを並べて作った滑り止めモールドが
はっきり確認出来ますね。



ストック右側に設けたスリングスゥイベルは、
これもマルシン~の時と同様、
ライラクスさんのQDスリングスイベルアダプターを使って、
脱着可能にしております。



ちなみに、シングルポイントでも吊れる様にと
木スト下面にもこのアダプターを着けるつもりで
穴を開けてあるのですが・・



素人なりに考えた結果、
やはりスリングは2ポイントの方が
様々な局面で扱いやすいだろうと思い、
この案はボツとした次第です。

このままではみっともないので、
いずれ何とかしたいところですね。

と、そんなこんなでひとまずの完成を見た
マルイ電動UZI用、自作木製ストック。





完成といってもバットプレートは未塗装だし、
木部も荒削りのままで、金具の寸法もガタガタといった
まったくの試作状態なのですが(汗)
マルイ電動UZI用木製ストックとしては
最も確実かつスマートな固定方法に
仕上がっていると自負しております。

ここまでの解説でおわかりいただけたように、
特別な材料や加工方法等は一切使わず、
日曜大工レベルの工作で製作したものですので、
「やっぱりUZIは木スト!」と信じて疑わない
同志の皆様には、是非とも製作に
チャレンジしていただきたいと思います。



まぁ、メタルストックもカッコイイんですけどね(笑)

以上、自作木製ストックの話しはこれにて終了。

次回はフロントまわりのカスタムについてを
さらっとご紹介するつもりなのですが、
その後は諸々の予定を繰り上げて、
マルイ電動UZIの内部構造の検証記事を
いよいよ開始しようと考えております。

サブタイトルは「マルイ電動UZIの真実」とでも
言ったところでしょうかね(笑)

都市伝説のごとくささやかれている様々な疑問を、
すべて白日の下に暴き出しますので、
しばしお待ちくださいませ!




同じカテゴリー(東京マルイ電動UZI)の記事画像
マルイ電動UZIについて その27 前出し配線
マルイ電動UZIについて その28 未知のトラブル2
マルイ電動UZIについて その27 未知のトラブル1
マルイ電動UZIについて その26 内部構造13
マルイ電動UZIについて その25 内部構造12
マルイ電動UZIについて その24 内部構造11
同じカテゴリー(東京マルイ電動UZI)の記事
 マルイ電動UZIについて その27 前出し配線 (2014-04-02 02:46)
 マルイ電動UZIについて その28 未知のトラブル2 (2013-11-03 01:47)
 マルイ電動UZIについて その27 未知のトラブル1 (2013-11-01 10:05)
 マルイ電動UZIについて その26 内部構造13 (2012-12-11 02:48)
 マルイ電動UZIについて その25 内部構造12 (2012-11-20 02:12)
 マルイ電動UZIについて その24 内部構造11 (2012-11-12 20:21)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。