アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、52歳の初老ガンマニア。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE

2013年11月01日

マルイ電動UZIについて その27 未知のトラブル1

突然のUZI記事で驚かれたことと思いますが、
極上のネタが手に入った(?)ので、新鮮なうちにお届けすべく
ちょっと早起きしての出勤前更新でございます。


 勤務先のエリオペ練習会にてケイコ姉さんと。

それは一昨日のこと、今度の日曜に迫った第2回ELITE OPERATORSに向け、
トレーニングパートナーのいだっちと勤務先レンジで練習していたのですが、
先日の葉隠訓練でも終始快調に動作してくれたマルイ電動UZI出二夢スペシャルに、
かつて経験したことのないトラブルが発生したのです。

偶然にも動画撮影中に起きたその様子を、まずはご覧くださいませ。



7メートル1回目までは順調に撃てていたのですが、2回目の3発目が突然フルオートになり、
トランジッションのため手を離した状態でさらに暴走するという驚くべきトラブルです。

ちなみにこのマルイ電動UZI出二夢スペシャルは、セミオートオンリーの民間仕様にしてあるので、
セレクターの操作ミスでフルオートになったわけではありません。


 セレクター部分の表記もきっちり民間仕様にしてあります。

マルイ電動UZIで発生しうるトラブルはほぼ把握していたつもりだったのですが、
こんなにも画的においしい症状が収録中に発生するなんて、
マッチ直前になると笑の神が降りて来る幸運の持ち主なのでしょうね私は(涙)

動画で画面右側に消えた後、すぐにメカボを取り出して原因を探ったのですが、
なるほど、こういうことも起きるのか! と、実に納得の行く(?)場所の故障でした。

その詳細は解決方法含めて、次回記事にてバッチリ後紹介いたします。

虎穴堂もじゃもじゃさんから頂戴したアドバイスに従って
コンパクトでインパクト大な記事を目指したのですが、
うん、これくらいがちょうどいいのかな(笑)






同じカテゴリー(東京マルイ電動UZI)の記事画像
マルイ電動UZIについて その27 前出し配線
マルイ電動UZIについて その28 未知のトラブル2
マルイ電動UZIについて その26 内部構造13
マルイ電動UZIについて その25 内部構造12
マルイ電動UZIについて その24 内部構造11
マルイ電動UZIについて その23 内部構造10
同じカテゴリー(東京マルイ電動UZI)の記事
 マルイ電動UZIについて その27 前出し配線 (2014-04-02 02:46)
 マルイ電動UZIについて その28 未知のトラブル2 (2013-11-03 01:47)
 マルイ電動UZIについて その26 内部構造13 (2012-12-11 02:48)
 マルイ電動UZIについて その25 内部構造12 (2012-11-20 02:12)
 マルイ電動UZIについて その24 内部構造11 (2012-11-12 20:21)
 マルイ電動UZIについて その23 内部構造10 (2012-11-06 03:13)
この記事へのコメント
インパクトありすぎです!(笑)

すみません。動画見て、思わず笑ってしまいました・・・m(__)m
でも、マッチ直前で良かったですね~。

バッチリ対策をして、PMCでマスター獲った時のような落ち着きで、エリオペもクリーンして下さい。
今回は私参加できませんが、結果を楽しみにしております!
Posted by もじゃもじゃ at 2013年11月01日 18:55
>もじゃもじゃ様

さっそくのコメントありがとうございます!

いやまったく、これが本番当日に起きていたらと思うと・・・(汗)

もちろん既にバッチリ直してありますので、
万全の態勢でエリオペ本戦に臨みます。

もじゃもじゃさんのアドバイスを胸に、頑張ってまいりますね!
Posted by 出二夢カズヤ(でにむかずや)出二夢カズヤ(でにむかずや) at 2013年11月02日 00:58
フルオート暴発はいつ起きても恐ろしいものです。
弾が入っている状況ならなおさら危険度が増しますからね。

今回は練習の時に発生したのが幸いだったと言えるでしょう。
症状を見る限り、問題となった部分は恐らくあの部分だと思いますが、滅多に起こらない事例だから、また1つUZIを扱うための教訓ができましたね。
Posted by 砂鷲 at 2013年11月02日 16:24
>砂鷲様

毎度コメントありがとうございます!

まったく、これが試合本番でなかったことが何よりの救いでしたよ。

でも、砂鷲さんのおっしゃるとおり、これでまたひとつマルイ電動UZIの弱点を把握することが出来ましたからね。
今後もこういった問題点が見つかり次第、レポートしたいと思います。
Posted by 出二夢カズヤ(でにむかずや)出二夢カズヤ(でにむかずや) at 2013年11月06日 01:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。