アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、52歳の初老ガンマニア。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
QRコード
QRCODE

2013年02月15日

マルシン電動UZI専用リポバッテリー完成

突然のUZIネタで大変申し訳ございません。

しかもマルシン電動の方ということで、
困惑された読者様も多いことと思います。


 久々登場のマルシン電動UZIフルメタルバージョン

今回ご紹介いたしますのはタイトルの通り、
マルシン電動UZI専用リポバッテリーです。

何を今更? と思われるかもしれませんが、
どうか先を読み進めてくださいませ。

マルシン電動へのリポバッテリー使用時の検証は一昨年の9月の記事、
マルシン電動UZIについて その55 リポバッテリー再検証2
こちらで動画を交えてご紹介しているのですが、
この時検証したWin Force製7.4V900mAhリポバッテリーは
サイズがピッタリな上になかなかの性能を見せてくれました。



しかし、本来がラジコン用バッテリーということもあり、
電動ガン用として造られたET1製品と較べてしまうと、
レスポンスとサイクルの面で一歩劣った印象でした。

さらにはコードの延長とコネクターの付け替えにより、
通電効率が犠牲になっており、900mAhという容量も、
プライマリー用としてはちょっと寂しい印象は否めませんでした。

まぁね、とっくに絶版になっているマルシン電動UZIが、
ちゃんと動かせるだけでも充分幸せなことですからね。
贅沢言っちゃあイカンだろうと、当時の記事にも書いたのですが・・・
長生きはするもんだと言いますか、その贅沢が実現しちゃったわけですよ。



はいこちら、完全新規作り起こしの、
正真正銘、マルシン電動UZI専用リポバッテリーの姿です。

電圧は一般的な電動ガン用リポと同じく7.4Vですが、
このサイズにしてなんと、1700mAhという大容量を誇っているのですよ!



もちろんそのサイズは、銃本体への加工を一切せずとも
バッテリー収納スペースにぴったり収まる寸法です。



ほら、見事にピッタリでございましょ?

さらに電源コードも、マルシン電動UZIに必要な長さで
ちゃーんと作られていますので、
下画像のように余分なたるみも、変に突っ張ることもなく、
トップカバーをすんなり閉じることが出来ちゃいます。



気になる性能につきましては、下の動画をご覧ください。
上のフルメタルバージョンの調子が今ひとつだったので、
自作ストック付きのABSバージョンでテストしました。



手持ちの簡易弾速計がトラブっていたため、
サイクル等が計測出来なかったのですが、
マルシン電動UZI専用に作られた放電特性による
レスポンスとサイクルの速さはおわかりいただけるかと思います。

ちなみに途中、フルオートがおかしなことになっているのは、
緊張してセレクターを切り替えそこねただけでした(汗)


 テストに使ったUZIタクティカルカスタムです

そして何より凄いのはこのリポバッテリー、
私が仕事を通じて仲良くさせていただいている
某超一流バッテリーメーカー様が特別に製作してくださった
とびきりスペシャルな製品ということなのですよ。
どーです? UZIファンにとっては夢のようなお話しでございましょ??

しかもその超一流バッテリーメーカーの役員様から、
よかったらこのブログで売っちゃってくださいなと、
このスーパーなリポバッテリーを10本ばかりお預かりしているのです。



つまりは、私が委託販売を請け負う形になりますので、
興味のある方は当ブログ左サイドバーからメッセージをお送りくださいませ。

販売価格は1本3,000円(税込)となります。
※別途送料をいただきます。

あくまで特別製作品のため、メーカー保障等は一切ありません。
リポバッテリーの扱いを良くご存じない方のご購入はご遠慮ください。

そしてこのバッテリーを作っていただいたことで、
いよいよマルシン電動UZIの究極完成体の製作に
着手して行く決心がつきました!!

最新の高性能電動ガンがひしめくフィールドにおいて、
真っ向から戦える電動UZIの完成を目指しますので、
マルシンファンの同志の皆様、ちょっとだけ楽しみにお待ちくださいね!




同じカテゴリー(バッテリー)の記事画像
マルシン電動UZIについて その55 リポバッテリー再検証2
マルシン電動UZIについて その54 リポバッテリー再検証1
同じカテゴリー(バッテリー)の記事
 マルシン電動UZIについて その55 リポバッテリー再検証2 (2011-09-24 01:27)
 マルシン電動UZIについて その54 リポバッテリー再検証1 (2011-09-21 18:28)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。