アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、52歳の初老ガンマニア。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE

2011年10月27日

葉隠マッチを終えて気付いたこと その1



前回までの3回、前中後編に渡って
葉隠マッチの模様をお伝えしたわけですが、
当日の画像が一切無い中、多くの方にお読みいただけて
大変に有り難く思っております。

私の拙い文章力で、あの楽しさがどれだけ伝わったものか
非常に不安ではありますが、
SAT第2編集部ブログでテラロッサ氏も 

「よし! 次もやるか!」

と書いてくださっていることです。

当然のことながら、参加希望者が集まらないことには
次回開催が実現するはずもありません。

今回一緒に闘った仲間の皆さんはもちろん、
諸事情で今回参加を見送らざるを得なかった方や、
なんだか面白そうじゃない?と、興味を持たれた方は、
SATマガジン編集部にじゃんじゃんリクエストを送って、
葉隠マッチVer.1の開催を実現していただこうではありませんか!

と、日曜日の感動覚めやらぬままに
思いの丈をぶちまけてしまいましたが(汗)
今回は葉隠マッチに参戦して気が付いたいくつかの点について
忘れないうちに書き留めておこうという、
個人的な備忘録といった内容です。

ほとんどの人には何の役にも立たない記事になりそうですが、
今後UZIでシューティングマッチに参加しようと思っている方に
少しでも参考にしていただければ幸いです。
(わかってます・・・そんな人がいないことは・・・/泣)

プライマリーウェポンとなったマルシン電動UZIについては、
マッチ前の記事でご紹介したままの状態で使用したのですが・・



ホロサイトタイプの不利を知って
急遽載せ変えたM2タイプのドットサイト。
実はこれのおかげで心に乱れが生じていたのです。





このドットサイトはそもそもUZIのためではなく、
別の銃に載せるつもりで購入していた代物。

それも「形がそれっぽければいいや」と
ヤフオクでほとんど相場の底値で落札した、
言ってみれば粗悪なレプリカ品だったのです。

赤羽射撃場でのゼロインの際も、
エレベーションの調節ネジがある所から
異様に軽く回るようになってしまい、
なんとか調整は出来たものの、
マッチ会場までの運搬中に
振動でサイトが狂うのではないかという不安が、
最後まで心を蝕んでいたのです。

ゼロインの段になってマウントを背の高い物に交換したのも、
競技中にドットサイトが壊れた時に
アイアンサイトを使えるようにと考えてのことでした。



しかしこのことで近距離でのパララックスがより大きくなり、
小型カメラからの動画をご覧いただいたステージ1で
あのような無様な射撃を繰り広げることとなったのも事実。

結局、安物のドットサイトが信頼出来ないばかりに、
すべてが裏目に出たような感じでした。

マッチが終わってみれば
安物ドットサイトは思いのほか頑丈で
事前のゼロインは最後まで狂っておらず、
標的を外したのはすべて私の未熟が原因だったわけですが、
この一件は大変な勉強になりました。

「サイティングに関係する光学機器は、しっかりした製品を選ぶべし」

何を今更と、マッチシューターの方なら
笑ってしまうような基本中の基本ですよね。
経験不足から来る認識の甘さが敗因でした。

十数万円もする実物である必要までは無いと思いますが、
少なくとも素性のしっかりしたメーカーの製品で、
アフターサービスが受けられる程度の品物を
選んでおくのが正解でしょう。

次のマッチまでにはまともな光学サイトを手に入れて、
UZIとの完璧な信頼関係を築き上げようと思います(笑)


 なんてカッコイイんでしょう!!

と、またしても長くなってしまいましたが、
他にもいくつかの気付きがありましたので、
次回もこのテーマを続けさせていただきますね。

もちろんUZI絡みのお話しになるので、
その点はどうかご安心(?)くださいませ。





同じカテゴリー(シューティングマッチ)の記事画像
カシオペアプレート仮設置とルール改定
プラチナカップ記念バッジのデザイン決定
プラチナカップ30周年企画 その2 開催告知
プラチナカップ30周年企画 その1
出二夢カズヤのJANPS2013参戦記 その2 プラクティコゥ
出二夢カズヤのJANPS2013参戦記 その1
同じカテゴリー(シューティングマッチ)の記事
 カシオペアプレート仮設置とルール改定 (2014-09-04 01:10)
 プラチナカップ記念バッジのデザイン決定 (2014-08-30 23:28)
 プラチナカップ30周年企画 その2 開催告知 (2014-08-22 00:31)
 プラチナカップ30周年企画 その1 (2014-04-22 03:17)
 出二夢カズヤのJANPS2013参戦記 その2 プラクティコゥ (2013-11-13 03:25)
 出二夢カズヤのJANPS2013参戦記 その1 (2013-11-12 04:39)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。