アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、52歳の初老ガンマニア。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年04月28日

第3回葉隠予備校記念パッチ製作のお知らせ

4月20日の開催からずいぶんと日が経ってしまいましたが、
第3回葉隠予備校に参加された皆様、その節はお疲れ様でございました。


 ※画像提供はJINN君です。彼の撮影なので、JINN君が写っておりません

今回はMMSさんSATマガジンさんのコラボ企画としての開催だったのですが、
葉隠予備校幹事役として、参加メンバーへのささやかなプレゼントを用意させていただきました。



現物が手元にないため、版下データを書き出した画像ですが、
上のデザインの缶バッジ(直径25mm)を、参加者全員に差し上げたのです。

ちょっと配色を失敗したため、お茶のノベルティグッズみたいになっちゃいましたが(汗)
葉隠予備校の参加記念として、どこかに着けていただけたら幸いです。

3回目となった葉隠予備校、今回は石井名人によるプロデュースで、
非常に充実した内容となり、多くの気付きを得ることが出来たのですが、
このところちょっと疲弊しきっておりまして、今日も顔の内側から目玉が押し出されるような
非常に不快な症状に悩まされているため、簡単な紹介のみで大変申し訳ございません。
詳しくはSAT第2編集部ブログで、テラロッサさんがレポートされていますので、
興味をお持ちの皆様におかれましては、そちらをご覧いただきたいと思います。

最後に、事前にお知らせしておりました、葉隠予備校記念パッチ第3弾について。

第1回、2回の記念パッチは、皆様のご意見を参考にして配色を決めたのですが、
今回は私、出二夢カズヤの独断によりまして、下の2パターンを作らせていただきました。



前2作がサバゲでも使えるロービジ寄りの配色だったので、今回は派手に行きます!

第3回葉隠予備校に参加されたメンバーで、こちらのパッチの入手をご希望の方は、
当ブログ左サイドの”オーナーへメール”のボタンをクリックして、
A、Bいずれかお好みの記号と、ご自身のお名前、連絡先をお知らせください。
ご要望の多い方のパターンを後日当ブログで発表し、業者さんに製作を依頼いたします。
尚、パッチは各人1枚限り、実費負担で配布させていただく形となります。

応募締め切りは5月15日いっぱいとさせていただきます。

自宅警備隊の方々はこのブログ、見てくれてますかね~?
葉隠の教えを修めた仲間として、予備校限定パッチを身に付けていただければと思います。
皆様のご連絡を、心よりお待ちしております!!

  

Posted by カズヤ at 22:55Comments(0)サバゲ葉隠

2014年04月20日

第3回葉隠予備校は明日開催!

このところ体調を崩したり休みが不定期だったりで、
またしても更新が滞っておりましたことをお詫びいたします。
相変わらずネタは山ほど積みあがっているんですけどね~(涙)

さて、本日の更新は、2ヶ月に一度のMMS×SATマガジンコラボ企画として、
皆様お馴染みのレンジ&フィールドMMSさんにて開催される、
第3回葉隠予備校のお知らせでございます。


 ※画像は第1回葉隠予備校の模様です。

先日行われた葉隠マッチM-3にて、トモ長谷川氏が考案した、
恐るべき高難度ステージに苦杯を舐めさせられた同士諸君!
あの悔しさをバネとし、共に技術を磨こうではありませんか!!


 ※画像は第2回葉隠予備校の模様です。

今回の葉隠予備校は、あの石井名人のディレクションによる、ハードな訓練が予定されております。

その内容は当日になるまでまったく(おそらくは石井名人ご本人も)わかっておりませんが、
名人のことですから、強烈にハードでありながら、最高に楽しめるコースデザインとなることでしょう。

そして今回も、葉隠予備校の参加者だけが身に付けることを許される、
葉隠予備校特製パッチを、ご希望の方の分だけ製作する予定です。


 ※右が第1回、左が第2回開催時に製作したパッチです。

さあ、既に本日となりました、第3回葉隠予備校、夕方5時からのスタートです!
志し高き葉隠ファイターの皆様、MMSさんでお会いしましょう!!  

Posted by カズヤ at 01:17Comments(0)サバゲ葉隠

2014年03月25日

葉隠予備校メンバー大躍進!!

昨日ビレッジ2様にて開催された、トモ長谷川氏プロデュースの葉隠マッチM-3において、
葉隠予備校参加メンバーの4人までが、10位以内に食い込む大健闘を見せてくれました!


 表彰式終了後、選手として参加した葉隠予備校生全員での記念撮影。

後日SATマガジン様の方で正式なリザルトが発表されると思いますので、
ここでは順位とお名前だけにとどめますが、予備校生の成績は以下の通り。

3位 阿部秀和(アベちゃん)


4位 池田直昭(ポメラニアン)


6位 高木 仁(JINN)


9位 恰田佳佑(イダッチ)

 ※敬称略 画像は第2回葉隠予備校時のもの。

そして3位のアベちゃんは何と、ペナルティ無しのパーフェクトスコアー!!
今大会でペナルティゼロだったのが、全45名の参加者中わずか4名という事実は、
葉隠マッチの難しさを雄弁に物語っていますよね。

ちなみに私、出二夢カズヤも、上記の4名に入っているのですが、
コンパクトマウトのステージでオーバータイム600秒をもらっているので、
とても自慢できる心境ではありませんです(涙)



会場設備撤収の後、葉隠総帥のトモちゃんには、
2枚目の葉隠予備校オリジナルパッチをお渡ししました。
このパッチに恥じぬ能力を身に付けられるよう、今後も精進あるのみですな!

さて、先日もおしらせしました通り、第3回葉隠予備校が4月20日に開催されます。
今回の葉隠マッチで、参加者全員が特に苦しめられた部分を中心に、
“射撃の応用力”を高めるための練習会を行う予定ですので、
今大会で納得の行く射撃が出来なかった方や、次回マッチへの参加を志す方など、
葉隠コンセプトに惹かれる皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

第3回葉隠予備校 in MMS



開催日時 : 2014年4月20日 午後5時スタート~午後11時撤収
開催場所 : サバイバルゲームフィールド&シューティングレンジ MMS様
参加資格 : 18歳以上で、葉隠訓練、マッチに参加経験のある方、または今後参加予定のある方に限ります。
参加費用 : 1000円~2000円程度を予定しています。
募集人数 : 最大15名の先着順とさせていただきます。


※参加申し込みは、このブログ右サイドバーにある、
“オーナーへメッセージ”の機能にてお願いいたします。


以上、葉隠マッチM-3の簡単な結果報告と、葉隠予備校のお知らせでした。
次回は、PMC2014年開幕戦の模様をお届けする予定です。  

Posted by カズヤ at 01:19Comments(3)サバゲ葉隠

2014年03月17日

第3回葉隠予備校開催決定のお知らせ

葉隠マッチM-3の開催を目前に控えたこのタイミングに
大変突然ではありますが、SATマガジン様との協議により
下記イベントの開催が急遽決定しましたのでお知らせいたします!
第3回葉隠予備校 in MMS



開催日時 : 2014年4月20日 午後5時スタート~午後11時撤収
開催場所 : サバイバルゲームフィールド&シューティングレンジ MMS様
参加資格 : 18歳以上で、葉隠訓練、マッチに参加経験のある方、または今後参加予定のある方に限ります。
参加費用 : 1000円~2000円程度を予定しています。
募集人数 : 最大15名の先着順とさせていただきます。


※参加申し込みは、このブログ右サイドバーにある、
“オーナーへメッセージ”の機能にてお願いいたします。




3回目の開催となります今度の葉隠予備校の内容は、来る3月23日に行われる
葉隠マッチM-3で設けられるであろう難易度の高いステージを再現し、
そこに必要とされたテクニックを研究し、しっかり身に付けるための練習会とする予定です。

そして今回は、現在SATマガジンのメインスタッフとして辣腕を振るわれている
あの石井健夫第三代名人に練習内容のプロデュースをお願いいたしました。

それと言いますのは、去る2月23日に開催されたSATマガジン様とMMSさんのコラボ企画、
.223IMPACT!のコース設営をちらっとお手伝いした際、限られた場所と時間と機材で、
手際よく、しかも面白いコースを組み立てていくその手腕に今更ながら驚かされまして、
石井名人にお願いすれば、過去最高の葉隠予備校が開催出来ると確信したからなのですね。

葉隠訓練で銃で戦うために必要な本物のテクニックを体得し、
そのレベルを葉隠マッチで確かめ、足りない部分を葉隠予備校で鍛え上げる。
三位一体とも言える(ホント?)この流れに身を投じることで、
より深くエアガン趣味を楽しめるようになるはずだと、私は確信しております。



もちろん、葉隠予備校参加者だけが入手出来るオリジナルパッチを
新たな配色で製作いたしますので、コンプリートを目指す貴方はもちろんのこと、
サバゲ仲間に自慢したいという貴方も、どうか振るってご参加くださいませ。

以上、予定を変更しての緊急告知でした。
  

Posted by カズヤ at 22:45Comments(0)サバゲ葉隠

2014年03月04日

葉隠予備校特製パッチ第2弾完成!!

昨年9月22日に、お馴染みMMSさんにて開催された
第2回葉隠予備校の、参加メンバーの証である特製パッチが、
このほどようやく完成したことをお知らせいたします!!



どーですかこの素晴らしい仕上がり!!
親友のプロデザイナーによるデザインは前回のままに、
製作をお願いしたのは皆さんご存知、沖縄のsacom worksさん



上の色見本イラストをもとに、最適な色の刺繍糸を選んで、
完全にイメージ通りの、いや、イメージしていた以上にカッコイイ
最高のオリジナルパッチを作り上げてくださいました。
sacom works様、素晴らしい品物を、本当にありがとうございました!!



第1回開催時に製作した右のパッチに対し、
今回は迷彩生地に貼り付けて違和感の無い配色を目指したのですが、
相棒のイダッチにお願いして撮ってもらった下の画像をご覧ください。



マルチカムの迷彩色にしっくり馴染む、ベストバランスだとは思いませんか!?
おそらくAOR2なんかにもバッチリ似合うんじゃないでしょうか。
私はローデシアとDPMしか持ってないのでアレですが(汗)

パッチ裏面はもちろんベルクロ仕様になっていますので、
今回も一番目立つところに貼り付けて欲しいですね!



そして、このパッチを身に付けられるのは上の精鋭12名のみ!
志し高きファイターだけに贈られる、訓練修了の証なのです。
あ、実費はしっかり皆さんからいただきますけどね(汗)



sacom worksさんは、このように1枚ずつ個包装で送ってくださるので、
受け取った時の喜びもひとしおです。

日曜日にPMC練習会でお会いした皆さんには既にお渡ししたので、
残るメンバーはポメさん、K-gonさん、クロスさん、JINN君の4名様ですね。
来る3月23日の葉隠マッチM-3会場にてお渡ししたいと思いますが、
私の勤務先においでいただければ、その場でお渡し出来ますので、
ご来店の前日あたりにでも、ご一報いただければ幸いです。

ちなみに、第3回葉隠予備校も当然開催する予定ですよ!
具体的には葉隠マッチM-3の終了後、4~5月のどこかで行えればと考えております。
きっとまた手強くなっているであろう、葉隠マッチのコース内容を踏まえての、
ひたすらの強化訓練をやってみたいと思いますので、参加希望の皆様は、
こんなことやったらどうよ!? といったアイディアを、是非ともお寄せくださいませ。

さて、次回の記事はどのネタで行けばいいものか・・・
とりあえずは、今年の方針などを書いてみようかと思っております。  

Posted by カズヤ at 22:34Comments(2)サバゲ葉隠

2013年10月07日

第2回葉隠予備校開催レポート その2

ちょっと間が開いてしまいましたので、前置きなしで始めましょう。



今回はSTAGE-3のご紹介ですが、詳しい内容については前回同様、
JINN君でんのすけさんポメラニアンさんのブログをご覧いただくとして、
ヒットするとドッカーンとはじけ飛ぶブリックターゲットの面白さに
参加者全員が夢中になった、実に難しくも楽しいステージ。



上がそのブリックターゲットなのですが、幅40mmほどしかない人型の的を
6メートルの距離から狙い撃つという難しさに加え、
2人で撃って最後のターゲットを早く倒した方の勝ちというルールは、
すべての予備校生を熱く燃え上がらせてくれました。



上は石井名人との、全勝をかけた戦いのひとコマなのですが、
私は初っ端から人質ターゲットをすっ飛ばすという醜態に加え、
最後のフォーリング達人くんでも手を上げた人質を打ち落とす有様(涙)


 上がホステージ達人くん。上げた両手が曲者なのです。

それまでの2戦は難なくクリーンしていたというのに、
石井名人との対決ということで余計な力みが出ちゃったんですね~。

各メンバーが熱い戦いを繰り広げたステージ3の対戦は、以下のような結果となりました。



石井名人とJINN君のお二方はさすがの3戦全勝。
ちなみに、ステージ2までのスコアーが近いメンバー同士で対戦する形を採っています。

でんのすけさんが公開してくださっている動画でご覧いただけるのですが、
このステージは最初のスナイピングが既に勝負の分かれ目で、
愛銃の命中精度と、それを活かすだけの技量が射手に問われた、
実に意義深いコース内容だったと思います。
このあたり、シューティング経験の長いJINN君ならではのアイディアですよね。


 ちょっと見難いのですが、この距離でのスナイピングは至難の業でした。

こうして撃ち終えた全3ステージの結果から、

順位はステージ3の勝ちが多い人から、次にステージ1+ステージ2の
ミスショットが少ない人というふうに見て決めました。


というマッチディレクターJINN君の集計により、
第2回葉隠予備校は、以下のような順位となりました。



普段あまりライフルを撃つ機会の無い石井名人の優勝は、
ハンドガンが上手い人はライフルも上手いというトモちゃんの言葉が
完全に正しいことを裏付ける結果と言えますよね。

JINN君の2位、クロスさんの3位というのも、
お二人のキャリアと腕前を考えれば実に順当なもので、
やはりシューティングを真剣に、それも長年続けている人間の底力が
見事に発揮された練習会であったと思います。

それにしても、全12名の参加者中9人のプライマリーがM4系なんですねェ。
他の3名はポメラニアンさんのG36、イダッチのAR57、そして私のUZIでしたが、
やはり戦いのツールとしての優秀性は、それがエアガンであっても同じということなのでしょう。

イダッチはこの結果を受け、AR57を諦めて次世代M4CQB-Rに乗り換えましたから、
次回は間違いなく上位に食い込んで来るはずです。
プライマリーのトラブルさえなければ、優勝出来る技術とセンスの持ち主ですからね。


 画像左がイダッチ、右はアベちゃん。

ポメラニアンさんと私については、お互い尋常ではない拘りの持ち主なので、
あくまで自分の愛する銃での戦い方を追求して行くことでしょう(笑)

こうして、何のトラブルも起きることなく無事に終了した第2回葉隠予備校。
閉会式の画像を撮り忘れてしまったのですが、優勝者の石井名人には
今回のエントリーフィーで賄われたBATON airsoft バイオBB弾を1袋。
ステージ1の葉隠ターゲットでもっともミスの多かったK-goNさんには、
帰宅時の荷物が重くなるというペナルティに加えて、もっと練習しましょうという意味で
同じBB弾を2袋、それぞれが賞品としてプレゼントされました。


 待ち時間にガンチェックを行う予備校生たち。

私は今回、4位というまあまあ上位の成績を収めることが出来たのですが、
ステージ1を撃った時に、予備マガジンさえ持たない状態で競技を始め、
弾を補充するため途中でセーフティエリアに戻ったりしていたのですが、

「仮にも葉隠予備校の幹事ともあろう者がそんなことでいいんですか?」

という石井名人の厳しいひと言で、戦う姿勢を忘れていた自分に気付き、深く恥じ入りました。

練習とはいえ、必要な弾薬も持たずにシューティングラインに立つなど、
素っ裸で戦場に飛び込む愚考としか言いようがありません。

葉隠コンセプトの戦い方をより深く追求するためにと考え、皆の参加を募った予備校を、
所詮予備校だからと舐めてかかっていたのではないかと、
その日の夜の布団の中で、ひとり猛省しておりました。
それを気付かせてくれた石井名人には、心から感謝するばかりです。
どうかこれからもビシビシと鍛えてやってくださいませ。



上は今回参加してくださった皆様、総勢12名の葉隠予備校生たちです(並びはアイウエオ順)。
こちらのリンク先に大サイズのファイルがありますので、皆様よろしければDLしてくださいね。



閉会式でもお話ししましたが、上のデザインのパッチを既に発注済ですので、
葉隠予備校生だけのオリジナルパッチ、その完成を楽しみにお待ちくださいませ。



MMSさんを撤収した後、近くの中華料理屋さんで打ち上げとなったのですが、
上のピンボケ画像(汗)の通り、なんと予備校生全員参加という賑わい様!

「最高に楽しかった!!」

と、皆さんが口々に語られているのは、幹事冥利に尽きる光景でありましたよ。
19、20日の葉隠訓練への士気も高まって、本当に素晴らしい1日だったと思います。


 上は昨年の葉隠訓練でのひとコマ。

最後に、幹事としての反省点をいくつか書いてこのレポートを終えましょう。

まずひとつは、ステージ1の葉隠ターゲットの進行がスムーズさを欠き、
皆さんに無駄な待ち時間を過ごさせてしまった点。

次回以降、予備校での葉隠ターゲット訓練は行わない
(それくらいはクリアーしているとの前提とする)予定ですが、
今回は最低でも4人同時に撃てるように、そしてターゲット用紙が
スムーズに交換出来るような工夫をするべきでした。

また、待ち時間が出来るのであれば、試射スペースを設ける等の
柔軟な対応をして然るべきでしたが、ステージ2の進行にまったく目が行き届かず、
皆様をお待たせしていることに気付くことすら出来ませんでした。
このあたりはJINN君と事前に打ち合わせておけば回避出来たはずで、
こういったイベント開催の難しさを再認識するとともに、今後の教訓とさせていただきました。

次に、長物でのシューティングが完全に初めてというK-goNさんがいらしたのに、
具体的なアドバイス等が何も出来なかったことが悔やまれてなりません。
昼休みの時間を使ってでも、少しでもご指導(というのも何ではありますが)の機会を
設ければよかったと、そう気付いたのも帰宅してからのことだったりして、
幹事として大変恥ずかしく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
K-goNさん、その節は本当に申し訳ございませんでした。
どうかこれに懲りず、次回もご参加いただければと思います。

最後に、次回以降の葉隠予備校に関する展望を少しだけ。

今回はJINN君のディレクションに完全におまかせした、
シューティングの基礎力養成のためのマッチ形式での開催となりましたが、
次回以降の予備校では、基本的な射撃テクニックは既に身に付いているものとして、
今後難易度が高くなるであろう葉隠マッチに対応した特殊な技術。
すなわち、不自然な姿勢からの射撃や、不規則に移動する中での射撃。
突発的な状況に即応して行う射撃など、そういったシチュエーションでの練習を行いたいと、
葉隠予備校発起人である私としては、そのように考えている次第です。


 葉隠訓練でのイダッチ(手前)とポメラニアンさん。

そして葉隠予備校課外実習として、実戦形式の訓練も開催してみたいですね。
具体的には埼玉のトリガートークさんでの開催をもくろんでいるのですが、
今度の葉隠訓練アドバンスで予定されている高度な訓練をベースに、
インドアの、それもローライト下での実戦を行ってみたいと考えております。

これについては、
複数での行動方法、ドア、ルームエントリーなど発展的な内容を予定
しているという非常に楽しみな葉隠訓練アドバンスを受け終えてから、
予備校生全員で、具体的に練って行こうではありませんか。

と、以上を持ちまして、第2回葉隠予備校のレポートは完結です。
参加してくださった皆様と、当ブログ読者の皆様、本当にありがとうございました。

さてさて、次はYokohama PCM14th観戦記の続きを書かねばなりませんが、
来週はいよいよジャパンスティールチャレンジへの初参戦ですからね~!!
更新がまったく追いつかなくて、ホントにもうどうしましょう・・・(汗)

こんな私ですが、どうか皆様、気長にお付き合いくださいね。

※中華料理店での打ち上げの際、厨房側テーブルのメンツで
LINEの葉隠予備校グループを作りました。
今後予備校生の皆様への連絡に活用したいので、
LINEをお使いの方は私の方まで是非ともご連絡をお願いいたします。
  

Posted by カズヤ at 03:11Comments(3)サバゲ葉隠

2013年09月25日

第2回葉隠予備校開催レポート その1

諸々の更新予定をすっ飛ばして大変申し訳ございません(汗)

去る9月22日に大久保のMMSさんにて開催しました第2回葉隠予備校。
今回はその模様と結果をご報告させていただきたいと思います。


 今回集まった総勢12名の予備校生たち。最高の仲間です!

ただ、既に参加メンバーの皆様が素晴らしい記事をミリブロにアップされているので、
以下のリンク先のレポートをまずはじっくりご覧くださいませ。

JINNのTOY GUNシューティング!!第2回葉隠予備校in達JINN君マッチ、無事終了!

※マッチディレクターを務めてくれたJINN君のブログです。

ASG Team RoR の Report Blog[葉隠予備校] 予備校当日
※唯一TOPのM4で参加された、電ノ介さんのブログです。

お手軽シューティング♪葉隠予備校に参戦
※G36で参戦。ドイツ愛を貫くポメラニアンさんのブログです。

上記の皆様が当日のコース内容等を詳しくレポートされているので、
ここで同じことを書いても単なる時間の無駄でしかありません(手抜キジャナイヨ!)。

今回も幹事を務めさせていただいた私としては、結果のご報告を含めた、
各ステージについての反省点などを書かせていただこうと思います。

●ステージ1 葉隠ターゲット

葉隠ターゲットとは、アメリカの訓練機関であるT1Gで使われている標的を
エアガンでの訓練用に転用したもので、国内ではSATマガジンの2010年5月号で紹介されました。
今回使用した下のターゲットは、以前SAT第二編集部ブログにて限定公開されたデータに
私が説明文を追加し、後に葉隠オフィシャルとなったものです。


 ※画像クリックで大サイズのファイルが開きます。

本来は3メートルの距離から撃つためのターゲットなのですが、
今回はより難易度を高めるため、射撃距離を約5メートルに設定。


 バリケードの隙間を渡すように貼り付けた葉隠ターゲットを狙い撃ちます。

葉隠ターゲットに描かれた10個のサークルは、それぞれの直径が50mm弱しかないため、
射撃の腕前はもちろんのこと、自分のガンのサイトがしっかり合っていることも必要です。

1番のサークルは両手構えでゆっくり5発を撃つのですが、
ここで狙点と着弾点のズレをしっかり把握して、以後の射撃に反映させるわけですね。



この葉隠ターゲットについては、10月の葉隠訓練でもおそらく採用されるでしょうから、
次回もう少し詳しく対策などを書いてみたいと思います。

●ステージ2 フォーリング達人くん

今回JINN君が鬼と呼ばれた所以がこのステージ。
ちなみに今回の葉隠予備校は、達JINN君マッチという裏タイトルが付けられていました。


 ※画像はJINN君のブログから拝借

上の画像でわかるように、信じられないほど小さい達人くんターゲットを、
PMCルールで撃った(電ノ介さんブログに詳細あり)わけですが、ザブングル加藤のごとく、
うっそっだっろ!!
と思わず叫んでしまったほどの難しさで、私はほとんど手も足も出ないままに終了しました(涙)


 あまりにも的が小さく、呆然としながら撃っておりました(汗)

上記のステージ1&2で外した弾数を1発マイナス1点として集計し、
対戦形式で行われたステージ3の組み合わせが決められたわけですが、
まずはここまでの各人の成績をご覧いただきましょう。



やはり石井名人の強さが際立った結果となっていますが、
それぞれの得手不得手がはっきりと数字に表れているのが興味深いところですね。

ちなみに、葉隠ルールではハンドガンへのダットサイトの使用も認められるため、
すべてのメンバーが同じ条件で撃っているわけではありませんので念のため。
もっとも、ダットサイトさえあれば当てられるかと言えば、実はそうでもないんですけどね~。

と、ステージ1&2の結果をご紹介したところで、この続きは次回です。
本当は一気に書き上げてしまいたいのですが、
明日は朝5時半起きで、GunsmithバトンJSC練習記録会に行くので、
そろそろ寝ないと身体が持たないんですよね~(涙)

朝9時半から夕方6時半まで、みっちり8時間の鉄板撃ち練習。
明日は痛む左手首にテーピングをして臨むつもりです。
今度こそ100秒の壁を乗り越えられるか!?(初参加ですしね/汗)


 ※画像は石井名人ブログより拝借
  

Posted by カズヤ at 00:45Comments(2)サバゲ葉隠

2013年09月22日

第2回葉隠予備校無事終了!



1人の怪我も無く、大変な盛り上がりのうちに終了いたしました。

現在は両麺館にて全員参加の打ち上げ中です。
葉隠予備校最高です‼  

Posted by カズヤ at 16:52Comments(4)サバゲ葉隠

2013年09月22日

第2回葉隠予備校本日開催!



自宅を出発する15分前の更新です(汗)

参加メンバーの日頃の行いが良いのでしょう、
気持ちの良い晴天に恵まれた本日、第2回葉隠予備校を
大久保のMMSさんにて予定通り開催いたします!

昨日さらに1名様の参加表明をいただきまして、
予備校生合計11名という、実に賑やかな練習会になりそうです。

このタイミングではどうにもならないことと思いますが、
飛び込みでのご参加も歓迎いたしますので、
急にスケジュールが空いちゃったという方がいらしたら、
途中参加でもオッケーですので、是非ともお越しくださいませ。

ではでは、腕を磨きに行ってまいります!!

  

Posted by カズヤ at 07:55Comments(0)サバゲ葉隠

2013年09月20日

第2回葉隠予備校最終案内

やっと更新したかと思えば、単なる告知記事で大変申し訳ございません(汗)

今度の日曜、9月22日の午前10時から午後4時までの間、
サバイバルゲームフィールド&シューティングレンジMMS様にて行われる
第2回葉隠予備校の最終のご案内でございます。



締め切り時点でのエントリー数は、ディレクターのJINN君と幹事の私を含めて10名と、
わずかながら前回を上回る皆様の参加表明をいただいております。
エントリー中の皆様、本当にありがとうございます(感涙)

で、現時点で参加枠に若干の余裕がありますので、
参加受付の締め切りを21日土曜深夜の23時まで延長したいと思います。
要は予備校前夜まで受付ということですね。

当日のコンセプトについては当ブログの前回記事を、
訓練内容につきましては、ディレクションを務めてくださるJINN君のブログ
それぞれ是非ともご覧いただきたいのですが、
漫然と同じことを繰り返すだけの練習会ではない、
基礎力向上を目指した濃厚な訓練内容となる予定です。



もちろん、10月の葉隠訓練に初めて参加するという初心者の方の、
本番の予習といったつもりでのご参加も大歓迎いたしますので、
臆せずエントリーしていただければ幸いでございます。

第2回葉隠予備校募集要項

開催日時 : 2013年9月22日 午前10時スタート~午後4時撤収
開催場所 : サバイバルゲームフィールド&シューティングレンジ MMS様
参加資格 : 18歳以上で、葉隠訓練、マッチに参加経験のある方、または今後参加予定のある方に限ります。
参加費用 : 土日祝祭日DAY・NIGHT枠レンタル料金35,000÷参加人数+500円を予定
募集人数 : 最大15名の先着順とさせていただきます。


参加申し込みは、このブログ右サイドバーにある、
“オーナーへメッセージ”の機能にてお願いいたします。

※ 使用する銃と装備は、葉隠マッチのレギュレーションに準拠したものをご用意ください。
※ 応募締め切りは9月20日の午前0時といたします。


残り5枠、どうぞお気軽に、そしてお早めにお申し込みくださいませ!!  

Posted by カズヤ at 02:19Comments(0)サバゲ葉隠

2013年09月08日

第2回葉隠予備校開催のお知らせ

色々あって更新が停滞してしまい、大変申し訳ない限りでございます。
仕事の原稿書きで脳が沸騰しておりますもので、自分のブログを更新する余力がないんですよね(涙)

そんなこんなで大切な告知が遅くなってしまったのですが、
来る9月22日の日曜日、皆様ご存知のインドアフィールドMMSさんにて、
第2回葉隠予備校を開催する運びとなりました!!



かのイチローさんの直弟子、トモ長谷川氏が提唱するサバゲ葉隠のコンセプトに惹かれ、
実戦で勝つためのテクニックを身に付けんとする真剣な男たちが集まって、ひたすらに技術を磨く6時間。
第1回の模様についてはこちらの記事をご覧いただきたいのですが、
参加者わずか9名という小規模ながら、最高に充実した練習が繰り広げられ、
全員がお互いを高めあうことで、全員がレベルアップを果たすことが出来ました。



実際、進行役を買ってくれたJINN君は後の葉隠マッチM-2にてノーミスクリアの快挙を成し遂げ上位入賞!
私も痛恨のワンダウンを喫しはしたものの、それ以外のターゲットは確実に仕留めることが出来たりと、
予備校で培った技術が血肉となっていることを実感できたものでした。

そして、10月の葉隠訓練を前にしての開催となる第2回葉隠予備校の内容は、
上記の葉隠マスターJINN君にプロデュースをお願いしての、
射撃の基礎力を徹底的に鍛えるためのプログラムになる予定です。


 スタンバイ姿勢も凛々しい、第1回葉隠予備校でのJINN君

前回は市バリとモンバリをひたすら撃つ練習に終始してしまった観があり、
無論それはそれで実になったのですが、その他のシチュエーションで撃つ際の
応用力の養成という点では喰い足りなかったという面は否めません。

特に、葉隠マッチM-2で初めて導入された中距離でのスナイピングなどは、
それを想定した練習を一切していなかったため、本番で苦戦を強いられることになりました。

ま、私はUZIできっちり、ワンショットワンキルを決めましたけどね♪


 上はその時の私。画像はハイパ~道楽さんから拝借しました。

と、そんな自慢はさておくとして(汗)、様々な状況に即応出来るだけの射撃力を身に付け、
来る葉隠訓練をより実りのある体験とするための、これぞまさしく葉隠予備校!

第1回の参加メンバーは当然のこととして(ですよね?)、
高い志を持った熱き仲間の新たな参加を、心よりお待ち申し上げますです。


 上の9名は葉隠予備校の誉ある第一期生です。

そしてそして、葉隠予備校参加者だけが手にすることが出来るスペシャルアイテム!
完全限定の葉隠予備校オリジナルパッチVer.2を、新たに製作いたします!!



上は先だって開催されたMMS Revengersの会場にて、
トモちゃんに葉隠予備校パッチをお渡しした時の写真です。
後方でテラロッサさんがいい顔されて写ってますね~(笑)



こちらの葉隠予備校オリジナルパッチVer.1は、前出の参加メンバー9名の他には、
葉隠総帥トモちゃんに1枚と、予備校当日に撮影役を買ってくださったケイコ姉さんに1枚。
最後はSATマガジン編集長の浅香さんに1枚と、完全なる関係者以外には一切渡しておりません
(図案を作ってくれた親友のデザイナーにはサンプルを差し上げましたけどね)。

トモちゃんも絶賛してくれた、最高にカッコイイ葉隠予備校オリジナルパッチ。
今回も参加人数分だけ作って配布(実費は頂戴しますが)いたします。
もうぶっちゃけ、パッチ目当てでもかまいませんので(笑)
第2回葉隠予備校、是非ともご参加くださいませ!

第2回葉隠予備校募集要項

開催日時 : 2013年9月22日 午前10時スタート~午後4時撤収
開催場所 : サバイバルゲームフィールド&シューティングレンジ MMS様
参加資格 : 18歳以上で、葉隠訓練、マッチに参加経験のある方、または今後参加予定のある方に限ります。
参加費用 : 土日祝祭日DAY・NIGHT枠レンタル料金35,000÷参加人数+500円を予定
募集人数 : 最大15名の先着順とさせていただきます。


参加申し込みは、このブログ右サイドバーにある、
“オーナーへメッセージ”の機能にてお願いいたします。

※ 使用する銃と装備は、葉隠マッチのレギュレーションに準拠したものをご用意ください。
※ 応募締め切りは9月20日の午前0時といたします。


ちなみに、次のパッチは下の配色で作ります!!

  

Posted by カズヤ at 02:42Comments(4)サバゲ葉隠

2013年07月15日

葉隠予備校特製パッチ完成のお知らせ



今年2月の第1回葉隠予備校開催からずいぶん時間がかかってしまいましたが、
参加者だけのスペシャルアイテム、かの有名なsacom works様にお願いしていた
葉隠予備校特製パッチがついに完成、昨日私の手元に届きました!



どーですかこの高級感あふれる美しい仕上がり!!
刺繍の丁寧さはもちろんのこと、上品な光沢のある
エンブクロス地にしたのは大正解だったと思います。
親友のプロデザイナーによる“葉隠”の文字が実にカッコイイではありませんか!



パッチ裏面はご覧の通りのベルクロ仕様になっています。
一番目立つところに貼り付けて欲しいですね~。



この素晴らしいパッチを手に出来るのは、上の画像に写っている
第1回葉隠予備校参加メンバーの9人のみ!
(トモちゃんにはプレゼントします)

ちょうど本日、エリートオペレイターズの会場でお会いした
JINN君、テラロッサさん、イダッチ、アンダーソンさんには
直接お渡し出来たのですが、素晴らしい仕上がりに皆さん大喜びで、
企画者としては実にうれしい限りでした。

フジイちゃんの分はイダッチに託したので、
あとはだぶーと石井名人とでんのすけさんですね。
近日中にお渡ししますので、今しばらくお待ちくださいませ。

そして、本日エリオペ会場にてテラロッサさんから
第2回葉隠訓練の開催が10月に決定したとの告知があったのを受けて、
その前の9月に、第2回葉隠予備校を開催することを決定しました!

場所はもちろん新宿区大久保のMMSさんにしたいのですが、
MMSオーナーのtypeDさんとはまだ何の相談もしておりませんので、
具体的な日取りが決定次第改めて報告させていただきます。

一応、9月22日の日曜日に開催したいと考えておりますので、
銃で戦うための基礎技術に磨きをかけたい貴方は、
なるべく予定を空けておいてくださいませ。

もちろん、今回とは色違いの特製パッチを新たに製作しますからね。
パッチ目当てでも全然かまいませんので(汗)是非とも参加をご検討くださいませ。


 ※上イラストの右パターンを次回製作予定です

今回は予備校生への私信に近い記事になってしまいましたが、
本日開催された第1回エリートオペレイターズの様子は、
明日詳しくレポートしたいと思います。



今すぐにでも書きたい気持ちでいっぱいなのですが、
くたびれ果てて気絶寸前なものでして・・・(涙)
なるべく早い時間の更新を目指しますので、
ちょっとだけ楽しみにお待ちくださいませ。  

Posted by カズヤ at 00:03Comments(2)サバゲ葉隠

2013年04月22日

葉隠反省会お疲れさまでした!

すでにJINN君のブログでレポートされていますが、
本日(21日)大久保MMSさんにて、予定通り葉隠反省会が開催されました。


 テラロッサさんによる開会の挨拶

土砂降りの中、重い装備をかついで集まったのは
私を含めて総勢10名の熱過ぎる面々。


 みんなとっても楽しそうでしょ?

皆それぞれがさらなるスキルアップを目指し、
ロウライト下での困難な射撃訓練に励みました。


 MMSオーナーDさんによるパワーチェック。

いつもなら参戦記をお届けするところなのですが、
今回の私は葉隠ターゲットの進行役に徹しており、
葉隠の練習はほとんど行わなかったため、
簡単な紹介記事とさせていただきました。


 なんとMINIMIで訓練に挑んだイケダさん

その葉隠ターゲットはこちらなのですが、
今回初めて見たという参加者の方もいらしたので、
A4サイズにプリント出来る解像度のデータをアップしてみました。
これを3メートルから撃つのですが、
簡単そうで実に難しいターゲット、是非お試しくださいませ。


 ※上の画像をクリックすると別画面で開きます









上の4枚の画像はすべて葉隠ターゲットを撃っている場面ですが、
昨年10月の葉隠訓練で経験済みの皆さんはさすがに上手く、
今回初めて撃たれた方は意外な難しさに驚いておられました。

私もイダッチと並んで撃ちましたが、
(おかげで彼の画像がないんですよね、スマヌ・・・)
ハンドガンの方は1発も外しませんでしたともええ、


 画像左はテラロッサさんの狙撃拳銃

そりゃあ狙撃拳銃を使ってますもの、当てて当然ってもんですよね(汗)

ちなみにプライマリーの方はKJ製のガスブロM4を持ち込んだのですが、
冷えによるガス圧の低下でまともに撃てず、ほぼリタイア状態でした。
はい、今後も大人しくUZIだけを使うことにいたします(笑)

市バリケイド、モンスターバリケイドでの計測結果は、
おそらくテラロッサさんがSAT第2編集部ブログにて
近く公開してくださると思いますが、
あの真っ暗な中で果敢に撃った経験は、
計測結果に関わらず、必ずや今後に役立つことでしょう。

JINN君とKさんのレクチャーも大変勉強になりましたしね。
素晴らしいお話しを聞かせていただき、本当にありがとうございました。

そして葉隠反省会の終了後は、近くの中華料理屋さんにて反省会の反省会(笑)
終盤近くで合流した石井名人による楽しいトークで盛り上がりました。
話しに夢中で撮影してなかったなー(涙)
テラロッサさん、アップよろしくお願いいたしますね。

以上、極めて簡単ではありますが、
第1回葉隠反省会の、無事終了のご報告でした。

最後になりますが、今回も色々と無理をきいてくださった
MMSオーナーのD様には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。


 画像はMMS様ブログより拝借

さ~てJINN君! 次はどんなコース内容にしましょうかね!?  

Posted by カズヤ at 01:19Comments(5)サバゲ葉隠

2013年04月20日

葉隠反省会へのお誘い



まず始めに、今回も告知的な内容であることをお断りいたします。
なかなかまともな更新が出来ず、大変申し訳ございません。

あのイチローさんに当ブログをご紹介いただくという光栄に預かりながら、
翌日の仕事のために睡眠を優先しているというのは、実に心苦しい限りです。
何しろ目が回るほどに忙しい職場なので、ちゃんと寝ないと持たなくて・・・
もうすぐ48歳、ホントに無理がきかないトシなんですよ(涙)

それでも、今夜このタイミングで書かずにいられなかったのは、
明後日の日曜日に開催される葉隠反省会 in MMSのことですよ。



現時点での参加人数がたったのひと桁台だなんて、
テラロッサさんから聞いて思わず我が耳を疑いました。

過去最高の人数が集まり、大成功のうちに終わった葉隠マッチM-1。
間違いなく史上最凶難易度だった3つのコースに、
まったくのいいところ無しに終わった参加者も多かったことでしょう。
それはリザルトを見るまでもなく、
あの日あのコースを撃った自分が一番良く分かっているはずですよね。



そんなあの日の自分に、反省すべき点はありませんでしたか?
もっとこう撃てばとか、セッティングをこうしていればあるいはとか、
悔しくて眠れないような想いはしませんでしたか⁇

確かに、次の葉隠マッチまでは1年あまりの時間があります。
ですが、あの時の感覚が身体から去らないうちに、
トモ師匠の解説が頭に残っているうちに、
もう一度同じ装備で撃ってみようとは思いませんか?

葉隠という厳しいマッチにわざわざ参加するような方々は、
強くなりたいという強固な意思を、大なり小なり胸に秘めていることと信じます。



それぞれにご都合はあるかと思いますが、
より強くなるためには鍛錬あるのみ!
道ばたの石ころでも、丹念に磨けばわずかながら輝くことは、
46歳からシューティングを始めたこの私が
身を持って証明・・・しつつあるところです(笑)

4月21日の日曜日、午前10時から午後4時まで。
JR大久保駅から徒歩数分という絶好の立地のMMSさんで、
私と一緒に己を磨こうではありませんか!!



参加申し込みはSATマガジンさんでの受付ですが、
このブログへのコメント欄に参加希望をくだされば、
責任を持ってテラロッサさんにお伝えします。

もちろん、先日の葉隠マッチに参加されなかった方も
大、大、大歓迎ですからね!!

どんなコースで、どのような点が難しかったのか等、
実演を交えて詳しくご説明いたしますので、
是非、サバゲ仲間とお誘い合わせてご参加くださいませ。



絶対楽しくてためになるから! 一緒にやろうぜ!!
  

Posted by カズヤ at 00:03Comments(5)サバゲ葉隠

2013年04月09日

葉隠予備校キーホルダー完成のお知らせ

更新をお待ちくださっている皆様には大変申し訳ございませんが、
当記事は葉隠予備校参加メンバーに向けての告知となります。



本来ならば一昨日の葉隠マッチ会場でお渡しするはずだった
葉隠オリジナルグッズ第1弾なのですが、
納期の読み間違いで当日までに間に合わず(涙)
本日ようやく私の手元に届きましたので、
取り急ぎそのご報告をさせていただきます。



こちらが葉隠予備校オリジナルグッズ第1弾の、
”葉隠予備校キーホルダー”でございます。

大きさはご覧の通り、直径約25mmのミニサイズ。
小さい缶バッジがキーホルダーになっている形の製品です。



裏から見るとこのような状態。
かなりしっかりと作られているので、
そう簡単に壊れたりすることは無いように思いますね。



さっそく愛用のタクレットに付けてみました。
葉隠ファンとしては、ちょっとうれしいグッズでしょ?



ちゃんと個包装されているのも、なかなかに嬉しいポイントですよね。

このオリジナルキーホルダーを、
第1回葉隠予備校参加メンバーの皆様にプレゼントさせていただきます。
私の思い付きに乗ってくださったことへの、
ささやかなお礼の気持ちと思って受け取ってくださいね。



で、今月21日にMMSさんにて開催される、
SATマガジン様主催の「葉隠反省会」に参加される予備校メンバーには
その場でお渡ししようと思うのですが、
参加のご予定が無いとおっしゃる方には郵送でお届けしますので、
送り先のご住所等をメールでお知らせくださいませ。

まぁ、まさか全員参加するとは思いますけどね!(笑)

では最後に、その葉隠反省会に関する情報を
SAT第2編集部ブログから転載させていただきましょう。

4月21日(日)
MMSにて葉隠反省会を開催!




“今回、思い通りに撃てなかった”
“もっと練習したい!”
または葉隠マッチは興味はあるけど、いきなり葉隠マッチに参加するのは……
とお思いの方のために
北新宿にあるインドアフィールド、MMSにて
葉隠反省会を開催いたします
イチローバリケード風、モンスターバリケード風を設置し
思う存分撃ち尽くしてみようという企画です
参加者同士で交代してタイムキーパーをやり
お互い切磋琢磨していければと思います

日時:4月21日(日)
時間:10:00~16:00(撤収完了)
会場:MMS
東京都新宿区北新宿4-1-9-B1
TEL:03-6304-0539

http://mms-typed.com/
サバゲーと同じ装備推奨
参加費:2,000円
申し込み&問い合わせ

sat_magazine@yahoo.co.jp

※SATマガジン様の主催となってはいますが、
実質的には参加者全員で作り上げるイベントです。
タイマーやターゲット等をお持ちの方がいらしたら、
それぞれ持ち寄って有意義な練習会にしようではありませんか。

葉隠という最高に楽しいコンテンツを、
みんなで盛り上げて行きましょう!!


  

Posted by カズヤ at 23:47Comments(5)サバゲ葉隠

2013年04月08日

出二夢カズヤの葉隠マッチM-2参戦記 予告編



また予告編かーい!?

と、おっしゃる向きもあるかとは思いますが(汗)
前夜の豪雨から奇跡的に晴れ渡った本日4月7日の日曜日。
千葉県四街道市はVILLAGE2さんにて開催された、
SATマガジン主催の葉隠マッチM-2に参加したことと、
エントリー数が倍増し、前回にも増して素晴らしい大会だったことを
とにもかくにもご報告したく、例によって帰宅するなり
キーを叩き出した次第でございます。

爆弾低気圧の接近により、一時はその開催が危ぶまれたのですが、
フタを開けてみれば朝から気持ちの良い青空が広がり、
絶好の葉隠日和(笑)となった1日でした。



総勢47名という過去最大のエントリー数となった今大会は、
これも過去最高に凝った内容のステージが用意され、
知力、体力、射撃力のすべてを駆使した戦いが
熱く繰り広げられたのでした。



その模様を今すぐにでもお伝えしたくてたまらないのですが、
物事には順番と言うものがありましてですね・・・

名古屋天龍さんとMMSさんでのPMCの模様をお伝えしないことには、
話しを先に進めることが出来ないのです。
融通の利かない正確で申し訳ない限りです(汗)



出二夢カズヤの葉隠マッチM-2参戦記、
執筆までどうか今しばらくお待ちくださいませ。

最後にこの場を借りて、
昨夜の暴風雨の中、そして本日の早朝から、
会場の設営と運営に携わってくださったスタッフの皆様と、
マッチディレクターのトモ長谷川氏に、
心からのお礼を述べさせていただきたいと思います。

今大会も素晴らしく刺激的で、最高に楽しい体験が出来ました。
全ての参加者を代表してお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

  

Posted by カズヤ at 00:02Comments(2)サバゲ葉隠

2013年03月31日

第2回葉隠予備校開催延期のお知らせ

本日は取り急ぎの告知です。

参加希望者が10人集まったらやりましょうと、
以前の記事でメンバーを募集した第2回葉隠予備校ですが、
残念ながら参加希望者が定員に満たなかったことと、
私自身の個人的都合もあり、明日の開催は延期とさせていただきました。



参加を希望してくださったメンバーの皆様には大変申し訳ございませんが、
あくまでも「延期」であって「中止」ではありません。

今後も定期的に開催されるであろう葉隠の名を冠する戦いの場で、
より素早く、より正確に敵を倒すテクニックを磨くため、
葉隠予備校は何度でも開催して行きたいと思っております。



それにしても今回の葉隠マッチ、
SAT第2編集部ブログでの発表によりますれば、
ミドルレンジのスナイピングがあったり、
恐怖の人質ターゲットが増加していたりと、
過去の経験だけで勝つことは、かなり難しそうな気配ですね。

特に固定式ウェポンライトの使用が禁止され、
ハンディタイプのフラッシュライトが必須になったことで、
攻略の難易度が凄まじく跳ね上がっているのは間違いありません。

私が習ったトモちゃん直伝のライトテクニックの一部と、
SUREFIRE社での訓練経験を持つ石井名人のレクチャーを
短時間ながら学ぶことが出来た第1回葉隠予備校参加メンバーは、
この点でかなり有利に戦えることと思いますね。



今思い返しても、本当に濃密な練習会でありました。

さあ、葉隠マッチ本番までの準備期間はあと7日です!
悔いの無い戦いが出来るよう、万全の体勢を整えようではありませんか!!

と、かく言う私自身が何の準備も出来ていないという・・・
葉隠予備校で動かなくなったマルイ電動UZIを
いまだに直していない体たらくですからねェ(汗)

本番前の最後の休日で、バッチリ整備いたします!
セカンダリーの方も、投入しますよ例のヤツを!!

2013年4月7日の日曜日、ビレッジ2!
皆様とお会い出来るのを楽しみにしております!!



はい、悪い見本ね!(笑)  

Posted by カズヤ at 00:37Comments(0)サバゲ葉隠

2013年03月09日

葉隠予備校特製パッチについて

明日の夜にと言っておきながら、更新が遅れて失礼いたしました。

もっとも、今回はちょっとしたお知らせ程度の内容なので、
気軽に読み飛ばしていただければ幸いであります。

去る2月3日にMMSさんで開催しました第1回葉隠予備校。



MMSオーナーtypeD様のご厚意により、
本番さながらの環境で、濃密な葉隠対策の練習が実現出来たのは、
過去記事でご紹介した通りですが、
この素晴らしい練習会の開催と成功を記念して、
葉隠予備校特製パッチを製作することにしたのです。

どうせ作るならクオリティに妥協はしたくなかったので、
文字デザインは25年来の付き合いになる親友のプロデザイナーに依頼。
彼は日本酒のラベルといったような書き文字系に強いので、
バッチリイメージ通りのデザインを創り上げてくれました。



これをベースに、文字の色と土台の色との組み合わせパターンをいくつか作り、
第1回参加メンバー全員のご意見を総合して、下のパターンに決定したのです。



どうです? なかなかにカッコイイでございましょ?

このパッチは、今後も開催予定の葉隠予備校にて、
参加者全員の希望があった場合のみ、
その都度色の違う物を作って行こうと考えておりまして、
つまりは上でご覧いただいたこの色パターンのパッチは、
二度と手に入らないとってもレアな品物となるわけなのですね。

残念ながら4月7日の葉隠マッチ本番には
完成が間に合いそうにないのですが、
このパッチを着けられるのはこの世でたった9名のみ!
(トモちゃんには差し上げるつもりですけどね)
志高き仲間の証なのであります。


 この9人の戦士だけが装着を許されるのです!

ちなみに次回製作する場合のカラーは決定済みでして、
下画像中、右のパターンになります。



ぶっちゃけ、この2つが最終選考に残ったわけですが、
右のこれはこれで実に捨て難いんですよね~。

さて、肝心の葉隠予備校の第2回開催についてなのですが、
4月7日の葉隠マッチ本番の前に1回やろうと思っていたのが、
MMSさんのあまりの人気のため、
土日で空いている枠が3月31日の夜しか無いのですね。

本番1週間前の夜に練習会というのは、
かなり気合が入っていて良いとは思うのですが、
皆様どのように思われますでしょうか??

是非ともみっちり練習したい!

とおっしゃる葉隠ファイターの方が10名以上集まるようで、
なおかつ集まった時点でMMSさんの枠が空いていた場合は、
第2回葉隠予備校、やっちゃいたいと思います!

参加資格は、葉隠マッチにエントリーしていることです。

参加というか、開催を希望される方は、
当記事にコメントを書き込んでくださいませ。

9名以上のコメントが集まった時点で即、
MMSさんに予約を入れようと思います。
それまで空いていればいいんですけどねー。

しかし、その前の週は同じMMSで
プレートマスターズチャンピオンシップの本年度第2戦、
MMS TOKYO NIGHT
が開催されちゃうわけですからね。

無論私は既にエントリー済みだったりするので、
いやはや大変なことになったものです(汗)

そのMMS TOKYO NIGHTは、
己の限界に挑戦出来る究極のシューティングマッチ。

ここで葉隠マッチ主宰のトモ長谷川氏のお言葉をご紹介いたしましょう。


 某月某日、サバゲ葉隠企画撮影において

強くなりたかったら試合に出なきゃ絶対にダメなんです!
試合のプレッシャー下で撃つことでマインドを鍛えるんです。
試合のプレッシャーごときに勝てなくて、
実戦で勝てるわけがないんです!


「俺はサバゲしかやらないから、シューティングは関係ないし。」

といったご意見は良く聞かれますし、
それを否定するつもりなど毛頭ありません。



ただ、今より強くなりたいと思っているのであれば、
石井名人考案によるプレートマスターズというマッチは、
己を鍛える最高の”戦いの場”であると断言出来ます。

まずは参加してみてください。
きっとボロボロに打ちのめされると思います。
でも、そのどん底に落ちることで初めて、
見えて来るものがあるのです。

THE PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP SERIES 2013 第2戦
MMS TOKYO NIGHT
3月23日(土)17:00~22:00
参加費:シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000 ※女性半額

エントリーは石井名人のブログからどうぞ。

エントリーフィー3,000円というのもお手頃ですし、
開催場所が新宿からひと駅+徒歩数分のMMSさんという絶好の立地。
このチャンスに出場しないでいつ出るか?

今でしょ!!(笑)


特に葉隠予備校参加メンバーでPMC参加経験の無い方には、
是非とも参加していただきたいですね。
アンダーソンさん、でんのすけさん、フジイちゃん、いかがですか??

と、ちょっとしたお知らせのつもりが、
熱の入った告知記事になってしまいましたね。
明日は早番だってーのにまったくもう(笑)

ともあれ、第2回葉隠予備校開催希望の方は、
コメントよろしくお願いいたしますね。
MMS TOKYO NIGHTにも是非エントリーしてください。

ああ、この楽しさをもっと多くの鉄砲仲間と分かち合いたい!
騙されたと思って、こちら側に飛び込んで来てください!
一緒に楽しみましょう!!  

Posted by カズヤ at 01:25Comments(9)サバゲ葉隠

2013年02月06日

第1回葉隠予備校開催レポート その2

さてさて、前置き無しで話しを進めて行きましょう。


 photo by Keiko & Takeo Ishii 130203

まずはモンスターバリケイド、1回目の射撃です。

今までの葉隠マッチでは、それぞれの窓に割り当てられた
1~7の数字の順番に従ってターゲットを撃ち、
すべてヒットしてから移動する・・という手順になっていました。

ただ今回はモンスターバリケイド単体の攻略を目指したため、
バリケイド中央上方に小さい窓を設けて8番とし、最後はこの窓から
セカンダリーに持ち替えてストップターゲットを撃つルールとしています。



何が難しいってこのバリケイド、上下左右に開口された小さな窓から撃つために、
姿勢変換を行いながらの素早いスイッチングが要求されるところですよ。



右構えから左構えへとスイッチした際、正しく構えていなければ、
ダットを見失ってあたふたすることは必至です。
しかもそれを上下左右に激しく動きながら行うわけですから、
並大抵の難易度では無い、まさに「モンスター」といったステージなのです。



そしてさらなる難敵、市バリケイド。

こちらはバリケ下部の空間から2発、立ち上がって左右から各2発、
最後は中央の窓からストップターゲットに1発と、
わずか7発しか撃たないという一見簡単そうに見えるでしょう。



しかし、ひとつのターゲットに対して1発しか撃つことが許されず、
ミスショット1発につき30秒のペナルティが課せられるという、
恐るべきプレッシャーがのしかかる悪魔のようなステージなのです。



モディファイドプローンから狙う5メートル先の
直径80mmのプレートは気が遠くなるほどに小さく見える上、
慣れない体勢でのサイティングは平衡感覚の喪失を招きます。



ダットサイトを載せたプライマリーならまだしも、
アイアンサイトで撃つセカンダリーでの射撃は筆舌に尽くしがたい難しさで、
しっかり狙ったつもりなのにまったく検討違いのところに弾を飛ばしてしまう、
これまた恐怖としか言いようの無いステージなのですよ。



さらに、バリケイド左右から銃と目だけを覗かせて狙い撃つのも、
いかに安定した体勢を作れるかを研究して臨まなければ
まったく当てることが出来ない、鬼の難易度なのです。

まっすぐ立って撃てば簡単に当てられる距離のターゲットが、
姿勢を崩したとたんに全然当たらなくなってしまう現実には、
この日ほとんどのシューターが呆然とさせられたことと思います。



これらのステージを全員で撃ち終わったところで、
どうすれば効率良く撃ち、当てることが出来るのかを
全員で研究しながらのフリー練習が始まりました。



モンスターバリケイドと市バリケイド。
葉隠マッチ名物のこのふたつのバリケに苦汁を舐めさせられ、
攻略を誓っている方は少なくないと思うのですが、
いかんせん普段からこれを撃てる場所がどこにも無く、
常にぶっつけ本番での戦いを強いられて来たわけです。



それがMMSオーナー様のご厚意によって実現した
本番同様のステージで、この日集まった撃つことに本気の仲間同士で、
お互いの問題点を指摘し合いながら存分に練習出来たわけで、
これは当初の思惑を大きく上回る成果だったのではないかと、
この日の幹事である私は思った次第でありますね~。

そして2時間ほどのフリー練習を各人がこなしたところで、
いよいよこの日2度目のタイム計測を行いました。

モンスターバリケイドの方は、単純に慣れてしまっては
本番で順番が違った時に対応出来ない恐れがあるため、
窓の番号を若干入れ替えての再チャレンジとなっています。

この日の参加者それぞれがどのような成果を残せたのか、
こちらの成績表から読み取っていただければ幸いです。


 画像クリックで別窓の大サイズファイルが開きます。

ご覧の通り、ほとんどの参加者が1回目のタイムを
大幅に短縮することに成功していますよね。

やはりと言うか、石井名人JINN君のお二人は
2回ともに素晴らしいタイムを叩き出しています。

テラロッサさんは1回目があまりに良すぎたため、
2回目で若干タイムを落としていますが、
トモちゃんの教えを直接受けて来た成果を見せ付けてくれましたね。

アンダーソンさんは、愛用のM4カスタムの問題点を
身を持って知ることが出来たとおっしゃっていましたが、
それでも2回目のタイムを約半分に短縮しているあたりは流石です。

残念ながら1回目を棄権されたでんのすけさんは
この日唯一のTOP Mk.18ライブカート電動ガンでの参加で、
ジャムと戦いながらも見事な射撃を披露してくださいました。
ご用意いただいたブラスカートでの余興も最高にカッコ良かったですしね!

だぶー君はといえば、KSCのガスブロM4での参戦で、
不利な条件の中、果敢な戦いを繰り広げました。

イダッチとフジイちゃんのお二人は、
若さを活かした素早い動きとセンスの良さを如何なく発揮し、
シューティングを始めてまだ1年にも満たないという事実が
信じられないほどの成績と上達ぶりを見せ付けてくれましたね。

そして・・おやおや?
ただひとり、1回目よりも大幅にタイムを落とした私、
出二夢カズヤは何をやっていたのでしょうねぇ・・・


 画像はSAT第2編集部ブログより拝借

実は愛用の東京マルイ製電動UZI "出二夢スペシャル" が、
2回目のモンスターバリケイドを撃ち始めてすぐ、
「ンギュ・・・」といって機関停止してしまったため、
石井名人の次世代M4カスタムを急遽お借りして撃ったのです。

今まで一度もまともに撃ったことのないM4というライフル。
すべての造りが理想的なレイアウトで、
撃ちやすいことこの上ない素晴らしい銃だったのですが、
これまでの葉隠スタイルのステージをUZIで戦い続けて来た私には
M4という銃はあまりにも勝手が違いすぎました(涙)
本来ならば、どんな銃でも等しく戦えなければイカンのですけどね~。

でも、新たなトラブルが発生したことで、
マルイ電動UZIに関するネタがまた増えたというわけですよ。
いずれにせよ葉隠マッチ本番までには直しますので、
原因を究明して、詳しくご紹介するつもりです。



そして2回目の計測がすべて終了した後は、
皆様にご用意いただいたタクティカルライトを使って、
ロウライト下のテクニックを10分ほど紹介させていただきました。



これは以前私が、トモちゃんに教えていただいた
ライトを使った戦闘技術のさわりの部分をお伝えしたもので、
その内容についてはまだSATマガジンでも公開されていませんので、
ここで書くことは控えさせていただきたいと思います。



今度はロウライトでのタイムも計ってみたいところですね!


 画像クリックでラージサイズ画像が開きます

こうして充実の6時間はあっという間に終了し、
全員で手際よく撤収作業を行って、
第1回葉隠予備校は無事に終了いたしました。

事前に考えていたことのすべてが出来たわけではなく、
段取りについて等、いくつかの課題は残りましたが、
とにかく最高に楽しくてためになったという部分においては、
大成功の練習会だったと満足している次第です。

今回参加してくださった8名の皆様には、本当に心から感謝いたしております。
どなたか1人が欠けても成立しなかったのは間違いありません。

参加者全員で作り上げたこの素晴らしい練習会は、
シューティングイベントに関する過去の忌まわしい記憶を
塗りつぶしてくれるほどに素敵な思い出となりました。

あんなに楽しくて、しかも射撃の技術が向上する最高の練習会ならば、
4月7日の本番までにもう1回くらいやっておきたいところですよね~・・・

というわけで昨日、私の勤務先においでくださった
JINN君と石井名人とそれぞれ相談いたしまして、
企画が密かに動き始めてしまいました!

詳しいことが決まり次第、石井名人ブログもしくは
当ブログにてご報告いたしますので、
ちょっとだけ楽しみにお待ちいただければ幸いです。

最後の最後に例のアレ。



葉隠予備校参加者だけが着けられるオリジナルパッチのデザインです!

近日中に色のパターンを作ってご覧に入れますので、
第1回参加者の皆様はご意見をお聞かせくださいね。

以上、第1回葉隠予備校開催レポートはこれにて終了です。

正直全然食い足りないレポートではあるのですが、
他にも書くべきネタが山積みなので、
涙を飲んでかなりの部分を端折らせていただきました。
まともに書いたら、全10回くらいになっちゃいますもんね(笑)

さ~て来週のUZI SIX MILLIMETERは??

出二夢カズヤの横浜PMC13th参戦記 その3 

をお送りする予定です。

でもその翌週はまた2ガンマッチに出場するし、
その翌々週は名古屋遠征・・・

ネタは積もるよどこまでも~♪(汗)  

Posted by カズヤ at 02:26Comments(5)サバゲ葉隠

2013年02月05日

第1回葉隠予備校開催レポート その1


 photo by Keiko & Takeo Ishii 130203

既にご参加いただいた皆様がご自身のブログで
当日の模様をレポートされておりますが、
遅ればせながら練習会の模様をご報告させていただきます。

その前にまず、SAT第二編集部ブログ様にて
「バトンアキバ店が主催になって」と書かれているのですが、
正確には「出二夢カズヤが幹事になって」でして、
今回私の勤務先とは一切関わり無いことをお断りしておきます。
あくまでも「今回」は、というところで、
実は色々と企んでいたりするんですけどね(汗)

というわけでテラロッサさん、訂正よろしくお願いしますね~。



さてさて、気を取り直して当日の模様のご報告です。

上の画像で石井名人が指差している看板の、
フィールド&レンジ MMSさんにて開催された第1回葉隠予備校。

石井名人と言えば、今回使用する画像のほとんどは
石井氏とその奥様が撮影してくださったものを転載させていただきました。

幹事として大したことはやっていないものの、
練習の模様を撮影する余裕がまったく持てなかったので、
こうしてレポートが成立したのは石井名人ご夫妻のおかげです。
石井君、ケイコさん、本当にありがとうございました。

今後当サイトで使用する石井名人ご提供の画像には、
下のロゴを入れることにいたしましたので、
ご注意いただければ幸いであります。


 どこかで見たような気がするのは気のせいです(笑)

今回お集まりいただいた志高き仲間たちは私を含めて9名。

正直、当日会場に到着するまで、

「みんなちゃんと来てくれるかな~・・・」

などと気が気じゃない心境だったのですが、
撃つことに本気な熱い漢(おとこ)たちが
やる気満々で集まってくれて、心底ホッといたしました。



スペース的な問題に加え、初めての試みということもあり、
10人くらいが理想的かと考えていたのですが、
実際にまわしてみた結果、それが正しかったことがわかりました。
もうあと5人もいたら、ちょっと無理だったろうと思いますね(汗)



身支度が整ったところで、まずは全員で自己紹介。
石井名人やテラロッサさんは言うに及ばず、
JINN君、アンダーソンさん、でんのすけさん、イダッチ、フジイちゃんと、
シューティング業界で、サバゲ業界で、
それぞれにマッチやサバゲの第一線で活躍されている凄い方々が、
そして私、出二夢カズヤの30年来の鉄砲友達、だぶー君と、
いずれ劣らぬ筋金入りのガンマニアが一同に会しました。



自己紹介の後はそれぞれのガンのパワーチェック。
もちろん誰一人として初速オーバーの銃を持ち込む人などおりません。
というか私のUZI、70m/sも出てないって・・・安全なのにもほどがあります(汗)

そしてここから、練習用機材の準備に取り掛かりました。

参加者全員であーでもないこーでもないと知恵を出し合い、
1時間ほどかかってようやく2種類の立派なバリケードが完成。



皆様ご存知、葉隠名物モンスターバリケイドと、



真の射撃能力を試される市バリケイドの両方が撃てるようになったのです。

前回も書きましたが、これはMMSに常設されている
厚手の段ボール製バリケードを、下見にお邪魔した私が思い付いた、

「ここに穴を開けさせてもらえれば、行ける!!」

という勝手極まるアイディアを、MMSオーナーtypeD様
快諾して下さったことで実現したものです。

typeD様、とんでもない我侭をお聞き入れくださり、
本当にありがとうございました。
葉隠ファンを代表して心から御礼申し上げる次第であります。



ターゲットの方もこれまた手作り感たっぷりの仕上がりですが、
練習するには何の文句もない環境が見事に整いました。
これはすべて、経験豊富な参加者の皆様がいてくださってこその成果です。

さあ、いよいよ練習開始です!

と、はやる気持ちをいったん抑え、
だぶー君の指導によるストレッチを、参加者全員で行いました。


 画面中央、紫のシャツがだぶー君

あまり詳しくは書けませんが、彼はスポーツ方面に精通しており、
こういった経験と知識は誰よりも豊富なので、
この役目を頼むことは昨年から決めていたんですよね。

全員で入念なストレッチを終え、今度こそ練習開始です。

まずは両方のバリケイドをコールドで撃ってタイムを取り、
練習後に再計測した成績と較べることにしました。



・・・と、ここから本題といったところでごめんなさい。
明日は早番なので、そろそろ寝なければなりません(汗)

この続きはリザルトとともに、明日の深夜に必ず更新いたします。
たくさん頂戴しているコメントへのレスも、明日返させていただきますので、
大変申し訳ありませんが、ちょっとだけお待ちくださいませ。  

Posted by カズヤ at 03:20Comments(0)サバゲ葉隠