アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、51歳の初老ガンマニア。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年10月21日

マルシン電動UZIについて その63 初めてのシム調整


 上は以前ご紹介したUZIですが、日々姿を変えています

さて今回はシム調整についてですが、まず白状いたします。

以前の記事でギアボックスを分解した時点では
シム調整というものが良くわかっていなかったため、
触れなかったのではなく、
触れられなかったというのが正直なところでした。

その後ネットであれこれ勉強いたしまして、
大体のところは理解出来た気がするので(汗)
今回改めてシム調整に挑戦してみた次第です。

何せ初めての挑戦ですので、何か間違いがありましたら
是非ともご指摘くださいますよう、
ベテランの皆様には伏してお願い申し上げます。

では、作業の様子をご覧いただきましょう。

まず用意したのは、下画像のプロフェッショナルシムセット。



エチゴヤ新宿店さんでの販売価格は420円でした。

マルシン製のギアボックスに使えるかどうか
わからなかったのですが、
店員さんを困らせたくなかったので(笑)
ダメもとでとりあえず購入してみました。

今回の記事を書くにあたり
3挺のマルシン電動UZIをバラしてみたのですが、
シムのセッティングはすべてのギアボックスで異なっていました。

おそらくはマルシンさんでの製造段階で、
個別に調整を取って組み立てられていたのでしょう。
量産品としては大変な手間のかかる製品だったのかもしれませんね。



セッティングの違いを個別に紹介してもあまり意味がないので、
今回はもっともギアノイズが大きいと感じられた個体を選び、
シム調整を施すことにしました。



上はそのギアボックスを上から覗いた画像です。

青い矢印で指した部分に
0.4mm厚のシムが1枚入っていましたが、
他の部分はただ軸受けにギアがはまっただけの状態です。

現状、スパーギアとセクターギアとの隙間が狭く、
また、スパーギアのガタツキも目だっていて
ギアの作動時に両者が擦れ合う可能性があるため、
赤矢印の位置にシムを入れてはどうかと考えてみました。

ちなみに別のギアボックスでは上と同じ場所に加え、
下画像の赤矢印2箇所に0.4mm厚のシムが入っていました。



話しを戻して、まずは先のギアボックスを開きます。



黒く汚れて見えるのは、
タミヤ製のモリブデングリスを使っているためです。
グリス類も何を使うのがベストなのか、
経験を重ねて勉強しないとイカンですね~。

で、スパーギアを取り外しまして、
まずは0.2mmのシムを1枚入れてみました。



シム調整の際は、ギア(メカ)ボックスの
すべてのネジをキッチリ締めて
モーターを回して動作確認を取るのが鉄則・・
と、どこかのサイトで勉強しました(汗)

ここからは経験者の方ならご存知の通り、
ギアボックスを開けては閉め、閉めては開け、
最適なセッティングを見つけるまで延々と苦闘が続きます。

地道な作業を何度繰り返したか忘れた頃にようやく、
上画像の位置に0.2mmと0.3mmのシムを
1枚ずつ重ねることで、最もスムーズな動作を
得られることがわかりました。

セクターギアにも調整の余地はあるように思うのですが、
軸の太さが異なる(セクターギアのみ軸径3mm)ため
購入したシムが使えず、今回は見送っています。

しかしこの調整によって何かが劇的に変わったかと言えば、
ギアノイズがほんのちょっぴり静かになったような気がする程度。

計測はしていませんが、初速も回転数にも
目に見えるような変化は起きていないと思われます。

正直、苦労の割りに実入りが少ないような気もするのですが(汗)
ギアと軸受けにかかるストレスが減ることで、
稀少な製品の寿命が少しでも伸びるのであれば、
やっておいて損の無い作業であることは間違いありませんよね。

今回の記事が参考になってくれるか極めて不安ですが、
マルシン電動UZIオーナーの皆様は
シム調整を是非ご検討くださいませ。
手間はかかるけど、コストはさほどかかりませんからね(笑)


と、本題をあっさり終えてしまったので
ちょっとした小技シリーズをひとつ。

以前、バッテリーコードの取り回しについて、
針金を使った小技をご紹介しましたが、
あの方法だとレシーバーカバーを閉じた際に
コードを潰していることがわかりました。

そこで新たに考えた代替案がこちら。



前回同様、2mm径の針金を曲げて作っただけの代物です。



使い方は前回とほぼ同じなのですが、
今回はこの針金を下画像のようにセットしてください。



こうして斜めに挿し込めば、針金とコードの重なった部分が
レシーバーカバーに押し潰されないのです。





前回は簡単な思いつきを書いてしまいましたが、
もっと良く考えてからご紹介するべきでしたね。
深くお詫び申し上げるとともに、
新たな案をお試しくださいますようお願いいたします。

特にR100RSさんにお詫びいたします。
その節はいい加減な回答をしまして、
大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m


さて今後のネタですが、
今回シム調整ついでにギアボックスを完全分解したので、
以前の記事で画像を撮り忘れてしまった部分等について
改めて解説してみようと思います。

ただその前に、今までご紹介していない
ちょっと変わったネタをご覧いただけるかもしれません。

いずれにせよマルシン電動UZIは絡んで来るのでご安心を(笑)
現在その準備のため、UZIの調整におおわらわだったりしております。
どんな結果になることやら・・・

  

Posted by カズヤ at 01:26Comments(2)分解、組み立て

2011年10月18日

マルシン電動UZIについて その62 ジャンク品再生

実はたった今気が付いたのですが、
昨日で当ブログ開設から丸1年が経っていました。

何をやってもほとんど三日坊主の私が
ここまでブログを継続出来たのは、
UZIという銃への偏った愛情(笑)と、
いつも訪れてくださる皆様のご厚情のおかげです。

今後もUZIの魅力をひたすらに語り続けて行きますので、
変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたしますです。

ではでは、2年目突入1発目の記事を始めましょう。



上は現在手元にあるマルシン電動UZIを並べた画像です。

この他に完全ノーマル状態のフルメタルバージョンを1挺
実家に保存しているので、
マルシン電動UZIだけで5挺持っているわけですね。
いつの間に増えたのかなぁ??(笑)

画像の4挺はどれもヤフオクで入手したのですが、
エイジング加工を施したフルメタル版以外は
すべてジャンク扱いで出品されていた物でした。

ちなみに上で自作バッテリーインストックを着けているUZIは、
ストック無し、動作未確認のジャンク品ということで
格安にて入手した個体です。

おそらく10年以上放置されていたのでしょう。
保管状態がかなり悪かったようで、
各部外観は下の画像のようにかなり悲惨な有様でした。









グリップを外すと埃の塊が・・



アウターバレルも表面の腐食が進み、
ゴム製のリングは表面が硬化していました。



ただ、これらは錆と汚れをある程度落とし、
注油した上でそのまま使用しています。

内部についてさほどの問題は見受けられなかったのですが、
シリンダーブロックを分解してピストンを抜き出してみたら・・・



・・・どんな状況でここに髪の毛が入ったのでしょうか(怖)

と、上記のようなコンディションではあったのですが、
作動面については何の問題も無く、
ほとんど撃った形跡が感じられませんでした。

下は取り出したギアボックスを撮影した画像ですが





ご覧の通り、ギア類はほとんど新品状態で、
リポバッテリーを繋いで動かしてみれば、
手持ちのマルシン電動UZIのどれよりも
良好な作動を見せてくれるではありませんか。

思うにマルシン電動UZIの場合、
同時販売されていた専用バッテリーがあまりに頼りなかったため、
銃本体の性能を正しく評価される機会の無いまま
武器庫の奥に放置されてしまうケースが
多かったのではないでしょうか。

少なくとも私が入手したすべての個体は、
どれも非常に程度の良いものばかりでした。

外観上の問題に話しが戻りますが、
グリップフレーム右側前方のダミーネジの部分に、
下のようなクラックが入っていました。



他のジャンク品にも同様のクラックが見られたので、
ABSバージョン特有の症状なのかもしれません。

特に負荷がかかる部分では無いのですが、
放置するのも精神衛生上よろしくないので、
クラックの部分を裏側から抉るように削って、
プラリペアで補強してやりました。







表側にはクラックが残ったままですが、
強度さえ確保されていれば良しということで、
表面処理は特に行っておりません。

同時に以前ご紹介した記事と同様、
レシーバー内側をプラリペアで徹底的に補強しています。

こうして再生した「元」ジャンク品のマルシン電動UZI。
作業を終えてみれば、手持ちの稼働品の中で
最も調子の良い個体に仕上がっていました。



昨年の今頃は分解しようという発想すら浮かばなかったのが、
マルシン電動UZI関連の記事も60回を超えるに至った今では
鼻歌交じりで分解調整出来るようになっているのですから、
人間何事もやれば出来るもんですね(笑)

新品を入手することが不可能な現状ですが、
ネットオークション等をまめにチェックしていると
けっこうな頻度でマルシン電動UZIを見かけます。

部品の欠損があった場合は別ですが、
当ブログの記事を参考にしていただければ
多少のトラブルは解決出来るはずなので、
どうしても欲しいと思われている勇者の方は、
ジャンクという言葉に怯まず
落札してみてはいかがでしょうか。

勿論、分解調整に関する疑問がありましたら、
ご質問いただければ全力でお応えいたしますので!


以上、ちょっと食い足りない感じではありますが、
今回はこれにて終了です。

マルシン電動UZIについての話も、
おそらくあと3~4回でシリーズ終了の予定。
最後はキッチリと結論(?)を出すつもりですので、
もうちょっとだけお付き合いくださいませ。

次回は、以前スルーしてしまった
シム調整について触れてみたいと思います。  

Posted by カズヤ at 00:15Comments(0)分解、組み立て

2011年06月05日

マルシン電動UZIについて その18 組み立て編3

軽く解説するだけのつもりだった組み立て編も、
早3回目となってしまいました。
毎度簡潔な説明が出来ず、大変申し訳ありません。

さてさて、残る工程はわずかなので、
一気に組み立ててしまいましょう。

まずはモーターのシャフトの平らな部分を、
下画像の位置に回しておきます。



そのシャフトに、ジョイントパーツをかぶせます。
切り欠き部分の向きを、下画像と同様にしてください。



いよいよグリップフレームを組み合わせます。
まずは、給弾用パイプスプリングの先端を、
下画像、赤丸の位置にくぐらせます。



その上で、下画像、ギアボックスの赤丸部分を
アッパーレシーバーの赤矢印部分にひっかけ、
その位置を支点に、グリップフレームを組み合わせます。





この際、下画像、赤丸の部分。
ギアボックスから伸びるスイッチレバー先端を、
アッパーレシーバー下面にぶつけないよう、
充分注意して組み合わせてください。



スイッチレバーが問題なく収まったら、
モーター側と、プロペラシャフト側
それぞれのジョイントパーツの向きを揃えて、
軸位置を合わせます。



以上で、アッパーレシーバーとグリップフレームが、
下画像のようにしっかり組み合わさるはずです。
上手く行かない場合は、セクターギアの向きか、
タペットプレートの位置がずれている可能性がありますので、
それぞれ確認してみましょう。



次は、ジョイント部分の連結を固定します。

まずはモーター側のジョイントパーツに被さっている
真鍮パイプを、プロペラシャフト側にスライドさせます。





次に、モーター側ジョイントパーツを回して、
モーターシャフトの平らな部分に
ネジ穴の位置を合わせ、イモネジで固定します。





アッパーレシーバー内部に移って、
下画像の2箇所のネジを、それぞれ締めます。





次に、給弾パイプスプリングの先端を、
下のように、チェンバーの開口部にはめ込みます。



ここまでの作業で、グリップフレームと
アッパーレシーバーがすべて繋がりました。

最後の注意点として、スイッチまわりの組み付けを。

マイクロスイッチの矢印で指した部分の穴に、
白い樹脂パーツから突き出している
金属のピンを挿し込みます。





この状態を保持しつつ、下画像の位置に
ワッシャーを通したネジを締め込めば、
あるべき場所にマイクロスイッチが固定されます。

上記の作業で、スイッチまわりのレイアウトが
下画像のようになっていれば、組み付けは完了です。



残るは、単純にパーツを組み付けて
ネジ止めするだけの作業ですが、
すべての組み立て作業の最後、
レシーバーカバーを閉じる直前の段階で、
メインスプリングとスプリングガイドを
シリンダーブロックに組み込んでください。

と、組み立てに関する注意点は以上です。

説明が足りない部分もあったかと思いますが、
不明な点がありましたら、コメント欄にて
ご質問いただければ、出来る限りお答えいたします。

さて次回ですが、組み立てと平行して進めていた
ある作業の内容をご紹介する予定です。

さて、ここでひとつだけ、
どうしても書いておきたい事が。

去る5月5日の浅草ブラックホールにて、
IRON Airsoftという中国のメーカーさんが、
スターリングL2A3の電動ガンの発売を
発表していたというではありませんか!!

この朗報を1ヶ月近くも知らなかった
己のトロさに地団駄を踏む思いですが、
個人的には間違いなく、
今年度最高に喜ばしいニュースでした。



私がUZIの次に大好きなサブマシンガン。
イギリスが産んだ世紀の名銃、スターリング。

上は、ネットで拾った実銃の画像ですが、
どーです、この究極のシンプルさが醸し出す、
スリムでありながら荒々しい、
ため息が出るほどの美麗なフォルム。

その昔、今は無きJACというメーカーさんが
BV式のフルオートガスガンを発売していました。
下は10年ほど前に実家で撮影した画像ですが



BV式UZIが出るまでは、こいつと共に
数多のゲームを戦ったものでした。

もちろん現在でも大切に保管しており、
なんとか電動化出来ないものかと、密かに企んでいたのです。

まさか、まさかスターリングが
電動で製品化される日が来るとは・・・
こうしてキーを叩いている今も、
夢なんじゃないかと疑っているくらいです(笑)

10月頃の発売を予定しているとのことですが、
これ、絶対にすぐ手に入れて、
当ブログにてレポートしようと思います。
んー、頑張って貯金しないと!

しかしこうなって来ると、もしやUZIもフルメタルで・・・
いや、今からだったらGBBで・・などと、
思わず妄想しちゃいますね!  

Posted by カズヤ at 14:11Comments(19)分解、組み立て