アクセスカウンタ
プロフィール
カズヤ
カズヤ
その昔、某銃器専門月刊誌のライターと、某エアガン専門店での開発、販売を兼務。その後、某出版社に誘われ、エアガン関連ムックの編集に携わる。さらに後、某エアガンメーカーに誘われて入社と、80から90年代にかけて、エアガン業界にどっぷりつかった人生を送るが、ある理由により業界から撤退。
そして2012年、再び鉄砲業界に返り咲き、Gunsmith BATONに入社。充実した日々を過ごす中、2014年には人生初の渡米を果たし、憧れのイチローさんの下で、夢だった実弾射撃をついに体験! もはやこの人生に一片の悔いも無い、51歳の初老ガンマニア。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年12月01日

ゲームの話「BLACK OPSとModern Warfare 3」

今回は久しぶりでゲームのお話しです。

ミリブロでも何人かの方が取り上げられている
「Call of Duty Modern Warfare 3」



当然のことながら私も字幕版の発売日に購入しまして、
毎日ちょこちょこと遊んでいるのですが、
UZIが一切登場しない今作のマルチは、
もうひとつのめり込めないものがあるんですよね。

前作「BLACKOPS」の方が丸々1年プレイして
まったく飽きることが無かったのに較べると、
自分の中でのUZIという存在の大きさを
今更ながらに実感します。
どんだけ好きなの?ってなもんですね(笑)



今更前作の話しをするのも何ではありますが、
これはUZI専ブログなので開き直らせていただきましょう(汗)

我が家は1日30分程度しかゲームが出来ない環境な上、
キルレが1.0を越えたことの無いような腕前なので、
愛用武器のUZIに金色迷彩を施すのに、
たっぷり1年かかってしまいました。




 クランタグもUZI!

いやはや、何とも煌びやかではありませんか。

実銃の世界でも黄金のUZIが存在するようで、
検索するといくつかの画像を見ることが出来ますよね。



こうして見ると、1挺欲しくなっちゃいますね~。
どこか金メッキしてくれるところを探そうかなぁ・・・

と、話しをゲームに戻しますが、
下画像でおわかりいただけるように、
ゲーム中の愛用銃はもちろんUZI。



UZIが出るまではMP5を使うので
必然使用率が上がりますが、
ご覧の通りUZIで戦いまくっておりました。



アサルトライフル? 何それ?? ってなモンで(笑)

ちなみに、エンブレムはこんな感じだったのですが・・





ゲームの中では作れるデザインに制限があったため
どうにもこうにも納得が行かず、
ついにはPCでキッチリとしたデータを作ってしまいました。



まだ完成したデザインではないのですが、
いずれワッペン等作ろうかと思っております。

それにしてもこのCODシリーズ。
ゲームとしての面白さは勿論のことですが、
キャラクターが身に着けている装備がまた
メチャクチャに凝っていてカッコイイんですよね。

中でも下画像の装備が最高のお気に入りでして・・


 まるで映画のワンシーン!



この格好でサバゲしてみたいと強烈に思います。
葉隠マッチ以来、コスプレの楽しみに
すっかり目覚めちゃいましたからねー。

でも、ナム戦当時の防弾ベストなんて
まだ手に入るものなんでしょうか。
その辺も勉強しなくちゃいけませんね。

いやはや、また厄介な趣味を増やしてしまったものです。
楽しいから全然問題ないんですけどね(笑)

CODシリーズの次回作は「BLACKOPS」の続編だという
まことしやかなウワサもちらほら聞こえて来ていますが、
内容がどうであれ、もう一度UZIを出して欲しいと、
それだけを強く願う私でありました。

この気持ち、誰かわかってくれますか??

と、ここでMW3の話しに戻るのですが、
UZIが出て来ないため今ひとつ物足りなくはあるものの、
SAS装備で戦えるところが最高なんですねぇこれが!





マルチプレイを保存して
様々なアングルから眺めるだけで、
一晩中でも楽しめちゃいます!

うわー、この装備も揃えたい!!
やっぱりMP5も一家に1挺かもな~。

ガンマニアという輩はまったく、
どうしようもない生き物ですよね。

最後に、BLACKOPSでのある試合をアップしてみましたので、
よろしければご覧ください。
大して上手くも無い上にガッツり10分程ありますので、
UZI好きで寛大な方以外は閲覧注意です(汗)

  

Posted by カズヤ at 04:18Comments(0)TVゲーム

2011年01月02日

ゲームの中のUZI 「ブラックオプス」

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

2011年の今年は、UZI生誕60周年の年ですね。
今年も、愛してやまないUZIの話題を中心に、
ゆるゆると更新して行くつもりですので、
同士の皆様、何卒よろしくお願いいたしますです。

さて、今回はちょっと脱線して、
TVゲーム中でのUZIの話しです。

昨年11月に発売された、1人称視点のシューティングゲーム、
「コールオブデューティー ブラックオプス」



私はXBOX360版を北米版、日本語吹き替え版ともに購入し、
オンラインでのマルチプレイを楽しんでおります。

ゲームの概要については省略しますが、
2007年に発売された「4」から始めて
ハマり続けている、このコールオブ~シリーズ。
今作で初めて、待ちに待ったフルサイズUZIが
ゲーム中で使用可能な武器として登場しているのです。

前作、前々作では、ミニUZIが登場していて、
言うまでも無く愛用していたのですが、
やはりどこか物足りない感覚が燻り続けていました。

ミニUZIもマイクロUZIも好きではありますが、
バーチャル世界での闘いとは言え、
戦場を駆け巡る際の相棒として選ぶなら、
やっぱりフルサイズのアイツじゃないと・・・

そんな想いを抱き続けて幾星霜。
昨年後半になり、次回作のブラックオプスでは
フルサイズUZIが使えるらしいとの情報が
漏れ聞こえて来たではありませんか。

ついに、ついに長年の相棒と、また一緒に闘える・・・!!
その昔、BV式UZIを手にフィールドを駆け巡った記憶から、
そんな感慨が込み上げて来るのを、
留めようがありませんでした。

そして昨年11月半ばにゲームソフトが手に届き、
現在、仕事の無い日は、夜な夜なUZIとともに、
戦場を駆け巡り、倒したり倒されたりを繰り返しております。
まぁ、倒される方が圧倒的に多いですけどね(笑)

その、ゲーム中のUZIの姿がこちらです。



ポリゴンのカクカク感は若干ありますが、
ここまでリアルに表現されていると、
UZIマニアとしてはたまらないモノがありますよね。

こちらは、敵プレイヤーをを倒した瞬間の画像。



ちと大雑把ですが、メタルストックまで
再現されているのがわかります。
ホントはこっち側に、スゥイベルは付いてませんけどね。

また、今作では銃の迷彩パターンを
選択して装備することが出来、
着せ替え感覚で楽しめるのがまた良いのです。



上画像は、ERDLというパターンを選び、
サイレンサーを装着した状態のUZI。
実際、手持ちの電動ガンにも
この迷彩塗装を施したくなるカッコ良さです。



上画像は、すれ違いざまに敵プレイヤーを倒した
瞬間の画像なのですが、リアサイト部側面にある
派手なマーキングが目に入りますね。

これは、ゲーム中で自作したエンブレムを
銃に貼り付けることが出来る機能を使ったものです。

この機能、コールオブ~シリーズでは初めて搭載された、
実に楽しいオプションなのですが、
これのおかげで、より自分の銃という
愛着が増すような気がするのは、
私だけではないハズですよね。

また、ゲーム中の戦闘の様子を、
後からリプレイ映像として再生することが出来、
その映像を編集して作ったクリップや、
スクリーンショットを保存し、
ネット上にアップロードすることも可能という、
素晴しく気の利いた機能も搭載しているのです。

今回ご覧いただいた画像は、
その機能を使って撮影したものなのですが、
今後もカッコ良い画像が撮れたら、
追々アップして行こうかと考えております。

では最後に、ある試合の美味しかった場面を
編集したクリップをご覧ください。
積雪したフィールドなのに、迷彩がジャングル系なのが
ちょっと気まずかったりしますが、
ゲーム中、あまり強くないUZIが
カッコ良く活躍している映像です。



え? 不意打ちの連続じゃないかって??
いやー、正面からの打ち合いではなかなか・・・
ブラックオプスをやっている方なら、
おわかりいただけるんじゃないかと思います。
UZIの性能、もうちょっと強くして欲しいですよね(笑)

さて次回ですが、
この正月休みで実家から引き上げてくる予定の、
マルシン電動UZIを取り上げたいと思います。
ちゃんと動くか、ちょっと心配・・・  

Posted by カズヤ at 23:43Comments(0)TVゲーム